「ヒーリングっど♥プリキュア」第29話「のどかのストレス?気分転換をさがせ♪」&第30話「キャラがバラバラ?動物園の休日」感想 ~ 「全集中!エモさの呼吸!」

ようやっと「宿題」終了。第29.30話で個人的にエモかったパートを少しだけピックアップ。





ダルイゼン@CV田村睦心女史を生んでしまった母親としての「責任感」に押しつぶされそうになっている花寺のどか嬢@CV悠木碧女史を、「ダルイゼンの誕生は貴女の責任ではありません」と諭す風鈴アスミ嬢@CV三森すずこ女史の、年上の妹的な優しさがエモかった。



直前の「日中のTV視聴番組の傾向がうかがい知れる」シーンの後、「大食紫キュア正統後継者、襲名」シーンの前だっただけになおさら。ギャップ萌え、二重の極み。



運命の相手の瞳の中に、自分の姿を見出す演出エモい。ハグプリのはな嬢とジョージを思い出す。あちらは夫婦、こちらは母子なのがまたなんともエモい。


おねショタもエモい。つか尊い。教育者の鑑・円山先生の男気が霞む位にエモかった。



あいかわらず笑いの沸点が低くて趣味のストライクゾーンが広すぎる沢泉ちゆ嬢@CV依田菜津女史。普段とのギャップが可愛いちゆちーエモい。というか、だが、それがいい。

それにしても


これが

こうだもんなあ。エモいというか、森咲智美女史もビックリなエロエロよー!というか。いいぞもっとやれ。つか、シンドイーネさん@CV伊藤静女史の退場、もう少し後でありますように(祈)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です