【勝者は菅義偉】今回の自民党総裁選、最大の敗者は岸田文雄【再挑戦の芽が残ったのは石破茂】

結果だけなら、2週間前のこのエントリーの通り。

【本命・菅義偉】自民党総裁選は9月14日実施、同17日に新首相選出へ【対抗・岸田文雄】(2020/8/30)

でもね、岸田はもっと票を獲れたはずなのよ。自分の岸田派に細田派と麻生派の一部を乗っけられたはずなのよ。「自分のムラを持たない」菅義偉に300票差近くの大差をつけられ、「地方党員票を封じられた」石破茂に20票差程度しか勝ち越せないわけないのよ。

にもかかわらず、たった89票しか獲れずのこの惨敗。


「詰まるところ、総裁選スタート直後に麻生さん怒らせて、安倍さんに見限られちゃった時点で試合終了だったのです」
「減収世帯への30万円給付騒動の時もそうだったけど、いざという時に場の空気を読めないよね。岸田のおじさま」

今回の惨敗で、岸田総理大臣の芽は完全に消えた。その意味で言えば、石破総理大臣の芽がかろうじて残ったゲルの方が実質2位の総裁選だったな。

自民党新総裁に菅義偉氏…2位岸田氏、3位石破氏に圧勝

 自民党総裁選は14日午後、東京都内のホテルで開かれた両院議員総会で投開票を行い、菅義偉官房長官(71)が新総裁に選出された。
 今回の総裁選は、国会議員票(393票)と、47都道府県連代表に各3票を割り当てた地方票(141票)の計534票で争った。
 獲得票数は菅氏が377票、岸田文雄政調会長(63)は89票、石破茂・元幹事長(63)は68票だった。
 菅氏は、16日召集の臨時国会で第99代首相に指名され、新内閣を発足させる。
 菅氏は選出を受けて、ただちに党役員・閣僚人事に着手する。菅氏の任期は、安倍首相の残り任期である来年9月末まで。

(2020/9/14 読売新聞)

ここで「【MMD艦これ】「jewel」」を紹介。

やはり祭りは華がなくてはなあ。本作のように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。