【本命・菅義偉】自民党総裁選は9月14日実施、同17日に新首相選出へ【対抗・岸田文雄】

党員投票は実施せず、国会議員394票と各都道府県連141票の計535票で行う。

この時点で石破茂の勝ち目は100%無くなった。そして、少し前までゲルからの秋波に反応していた二階俊博が菅支持に回ったことで岸田文雄の勝ち目もほぼ無くなった。


「ということなんで、ぼちぼち菅中継ぎ内閣の閣僚予想でも始めようか」

そうしましょう。

自民、14日にも総裁選、17日に新首相選出へ 党員投票せず都道府県代表に

 自民党は、9月14日にも両院議員総会で総裁選を実施する方針を固めた。党員投票は実施せず、国会議員394票と各都道府県連141票の計535票で行う。自民党は17日に臨時国会を召集し、即日、新首相を選出する日程を調整している。
 総裁選は通常、自民党の国会議員394人(衆参両院議長を除く)と同数の394票が党員票に割り当てられ、計788票で実施される。しかし、今回は安倍晋三首相(党総裁)が任期途中で辞任を表明。これを受け、自民党は9月1日に総務会を開き、党則が緊急時に認める両院議員総会での総裁選実施を決める。
 両院議員総会での総裁選では党員投票の代わりに47都道府県連の代表者3人に1票ずつ割り当てられる。通常の総裁選よりも国会議員票394票の比重が大きい。党内には地方の声を十分反映させるべきだとして、通常の方法での実施を求める声もある。
 有効投票の過半数を得た候補が新総裁に当選する。過半数に達する人がいない場合は、上位2人による決選投票が、国会議員票と都道府県連各1票で即日実施される。新総裁の任期は安倍首相の残り任期の2021年9月末までとなる。
 自民党は新総裁のもとで直ちに党役員人事を行い、16日までに新執行部を発足させたうえで、臨時国会に臨む日程を描いている。【東久保逸夫】

(2020/8/30 毎日新聞)

ここで「【艦これ】秘書艦松の元気いっぱい執務」を紹介。

適材適所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。