【2015年天津の】レバノン首都・ベイルートで大爆発 ~ 市街の半分が損壊、死傷者4,000人以上【比じゃない】

2015年の天津@中国以上に場所が悪い。タイミングが悪い。

硝酸アンモニウム絡みの爆発事故としては、1921年のオッパウ@ドイツや1947年のテキサスシティ@米国と同レベルかそれ以上の死者が出るぞ。

経済的損失は、過去のどのケースよりも甚大になるだろうし、ただでさえ、レバノンは国家財政が絶賛破綻中だし、世界経済はコロナ禍で虫の息だし、

かつての「中東のパリ」の再建に、一体どれだけの年月を要するか想像もつかない。

そしてこの先、中東地域の物流と政治的安定にどんな影響を及ぼすかを想像すると背筋が寒くならざるを得ない。

2020年ってこんなに呪われなきゃならない年だったのか?教えて偉い占い師さん。

レバノン爆発、死者100人超える 負傷者は4000人

【8月5日 AFP】レバノンの赤十字(Red Cross)は5日、同国首都ベイルートの港湾地区で4日に発生した大規模爆発の死者が100人を超え、負傷者は4000人を上回ったと明らかにした。
赤十字は「これまでに4000人以上が負傷し、100人以上が命を落とした。われわれのチームは現在も現場周辺で捜索や救助活動を続けている」との声明を発表した。(c)AFP

(2020/8/5 AFP-BB)

レバノン大爆発、最大30万人が家失った恐れ 知事発表

【8月5日 AFP】レバノンの首都ベイルートで4日に発生した大規模爆発により、最大30万人が家を失い、都市の半分に及んだ被害の総額は推定約3000億円超に上ると、知事が5日、AFPに明らかにした。
 マルワン・アブド(Marwan Aboud)知事は「現在家を失った人は25万~30万人いると思う」と述べ、爆発の被害総額は30億~50億米ドル(約3000億~5000億円)と推定されると語った。
 また、エンジニアや技術班らによる被害状況の正式調査はまだ行われていないが、港湾地区で発生したこの爆発の被害はベイルートの半分に及んだとみられると述べた。(c)AFP

(2020/8/5 AFP-BB)

ここで「【MMDアイドル部】カルロ・ピノで幼女戦記ED再現風【幼女戦記】」を紹介。

地獄は突然やってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です