【もう何も戻ってこない】青葉真司容疑者@京都アニメーション放火事件、ようやく逮捕へ【だが、ケリだけはつけなければならない】

怒りや憎悪ではなく法によって裁き、私刑ではなく死刑でこの男の全てを終わらせるために、今まで彼を生かしてきたのだから、今こそ我々は冷静にならねばならない。そして、


「彼が裁かれ尽くしたら、彼の罪と悪行に関する以外の存在は全て忘れ尽くしてあげましょう」

それが彼に対する最大の罰です。

京アニ事件、青葉容疑者を逮捕 発生10カ月、放火殺人などで京都府警「間違いありません」容疑認める

京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、京都府警捜査本部(伏見署)は27日朝、殺人や殺人未遂、現住建造物等放火などの疑いで、青葉真司容疑者(42)を逮捕した。事件で全身やけどを負って京都市内の病院に入院していたが、容体が一定程度回復し、入院先の医療機関の情報を元に、府警は「勾留に耐えられる」と判断したことから、逮捕に踏み切った。

会話には支障なく
青葉容疑者は「間違いありません」と容疑を認めたという。
平成以降、最悪の犠牲者数を出した放火殺人事件は発生から10カ月を経て容疑者逮捕の局面を迎えた。捜査関係者によると、青葉容疑者の病状は今も重く、自力での歩行や食事はできない状態だが、会話には支障がなくなり、以前よりも発熱の頻度が減っているという。
府警は27日午前7時18分に逮捕状を執行。青葉容疑者は同7時46分、ストレッチャーに寝かされた状態で府警が用意した介護車両に乗せられて、病院を出発した。
午前8時6分、京都市伏見区の伏見署に到着した。大勢の報道陣が待ち構える中、青葉容疑者を乗せた車両は、署の敷地に入った。青葉容疑者は、ストレッチャーにあおむけに寝かされた状態で、署の建物に頭側から入った。顔にはやけどの痕が残り、短髪にマスク姿だった。
逮捕容疑は昨年7月18日午前10時半ごろ、京アニ第1スタジオに玄関から侵入し、ガソリンをまいてライターで火を付け、鉄筋コンクリート3階建て延べ約690平方メートル全焼させた上、屋内にいた社員70人のうち36人を殺害、33人に重軽傷を負わせるなどした疑い。残る1人にけがはなかった。負傷者のうち1人は現在も入院している。
府警は昨年11月、青葉容疑者が当時入院していた大阪府内の病院に捜査員を派遣し、任意の事情聴取を行っている。
青葉容疑者は事件当日に身柄を確保された時と同様に、「小説を盗まれたから火を付けた」と動機を説明。「多くの人が働いている第1スタジオを狙った」とも話し、事件3日前にさいたま市の自宅を出て京都に向かう時から事件を起こすつもりだった、との趣旨の供述もしたという。
青葉容疑者は過去に京アニに小説作品を応募し、形式審査の一次選考で落選している。京アニは「(応募された小説は)弊社作品との間に、同一または類似の点はないと確信している」としている。
青葉容疑者は事件当日、京都市内の病院に救急搬送されたが、命が危険な状態に陥り、2日後に熱傷の高度治療を受けられる大阪府内の病院に転院。皮膚移植を繰り返すなどして重篤な状態を脱し、昨年11月に京都市の病院に転院し、体を動かすなどのリハビリを続けていた。

京アニ「命を奪われた仲間は戻って来ない」
青葉真司容疑者(42)が27日朝に京都府警に逮捕されたのを受け、京都アニメーションは同日、代理人弁護士を通じ、「被疑者に対し、改めて寄せる言葉はありません。行いと結果が全てです。被疑者が自らの行いにどのような弁解をしようが、結果についていかなる反省の弁を述べようが、命を奪われた仲間たちが戻ってくることも、傷つけられた仲間たちの傷が癒やされることもありません」とコメントを寄せた。

(2020/5/27 京都新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です