「ヒーリングっど♥プリキュア」第8話「とべないちゆ!?陸上大会 大ピンチ!」&第9話「ひなたのカワイイ大作戦!」感想 ~ 「公式が最大手」






「陸上は自分との戦い。私のライバルは私だから」と自分に厳しく人に優しいスポーツ少女にして、「好物はDNA(違)たっぷりのしらすおろし」な人生経験豊富っぽい若女将。

 



と思っていたら、実は2020年のJCとしては世慣れぬ、ちょっと不器用な純情娘でもあった沢泉ちゆ嬢@CV依田菜津女史。

 




孤高の棒高跳びと成功直後のこのシーンと併せて考えてみると、ちゆちーは「全て自分で決めているようで最後は流されて全ての愛を受け入れる隠れ総受け」キャラ。

 





直情径行で無鉄砲、マイペースであざとくも心優しき元気キャラ。

 





と思っていたら、実はとても繊細で愛や恋に不慣れなピュアピュアガールだった平光ひなた嬢@CV河野ひより女史。

 



戦闘シーンの「無防備」っぷりと、今日のキュアグレースこと花寺のどか嬢@CV悠木碧女史からの告白への反応から察するに、ひなたんは「本人は事後まで自覚しない誘い受け」キャラ。

 




のどか嬢は、博愛の女神にして無垢な天使でありつつ、天性のたらしスキルを併せ持つ「無敵の総誘われ攻め」キャラ。

 






シンドイーネさん@CV伊藤静女史はかわいい。ただただかわいい。多分本作中で今一番「生きてるって感じ~!」ライフをエンジョイしてる人。つまり「どんなシチュの濡れ場にも乱入可能」キャラ。

 

まさに「公式が最大手」だった第8・9話。5月のコミケ中止が実に残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です