【汚札は】アジア地域から回収したドル紙幣を再流通前に検疫中~米FRB【消毒だ~!!】

つっても

 FRBは、中国で発生した新型ウイルスの感染拡大を受け「特別対策」を先月に導入。アジア地域から米国に戻ってきた紙幣を分け、再流通まで最低7~10日保管する。通常は同5日程度で再流通に回るという。

こういう形での「消毒」じゃないのね。よかった。

それはそれとして、コロナウイルス汚染向け「特別対策」ってなんじゃらほい?アルコール消毒とか紫外線か何かでのウイルス不活化処理とか、そういうのかいな? つまりこれがホントの


タイミングを間違えてはいけないのだフェネック!
ここで「これがホントの資金洗浄」なんて口走った日には
座布団を全部持っていかれるだけじゃすまないのだ!

普段、FRBがどういう「特別処理」を行っているかを考えればな。

ドル札も「隔離」 日本含むアジア回収分 新型コロナで

【ワシントン時事】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は6日、新型コロナウイルスの感染防止策として、日本を含むアジア地域から回収したドル紙幣ついて、市場に再流通させる前に検疫を実施していると明らかにした。
ウイルスが紙幣を介して広がるリスクを考慮し、他地域からのものと1週間以上隔離する。
FRBは米国外で流通する余剰紙幣を各国の中央銀行などから回収。ニューヨークやサンフランシスコなど全米12都市にある連邦準備銀行が流通量の把握とともに、古くなった回収紙幣の交換、偽造チェックなどを担っている。
FRBは、中国で発生した新型ウイルスの感染拡大を受け「特別対策」を先月に導入。アジア地域から米国に戻ってきた紙幣を分け、再流通まで最低7~10日保管する。通常は同5日程度で再流通に回るという。

(2020/3/7 時事通信)

ここで「プリキュアオールスターズ 64人同時変身(DX3風)」を紹介。

歴史だなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です