【キオクシア子爵家はあずかり知らぬ】東芝子会社・東芝ITサービスで200億円規模の架空取引が発覚【東芝伯爵家の新スキャンダル】

過日の不正会計でとうの昔に上場廃止となってもおかしくなかったところ、色んな事情や忖度で「執行猶予」の身の東芝。


東芝伯爵家令嬢・東芝メモリ改めキオクシア子爵夫人・メモリ
「今回で東芝は実刑確定?それも致し方ないでしょう」

【晴れた日に傘を貸す】「年内に社交界デビュー予定」東芝メモリが1.3兆円調達【3メガバンク】(2019/4/3)
【東芝お父様も華族の皆様も銀行家の方々も】東芝メモリの新工場建設に米Western Digitalが共同出資へ【殿方はもう誰も信じられません】(2019/5/17)

その後、東芝を含む政財界のエロい偉い殿方を篭絡し、2019年10月にキオクシア子爵家を興して同家の実質的な女当主に収まったメモリ。実家がどうなろうと知ったことではないだろうなあ。昼ドラ的な妄想だけど。

第二幕がほどなく上がるだろうなあ。ニューフレアのTOBを巡る、東芝・HOYA・東芝機械の陰で跋扈していた村上某による泥仕合の内情暴露劇。そんな醜態をさらし続ける殿方達をオペラグラス越しに見ながら、薄笑いを浮かべている子爵夫人の姿が目に浮かぶようだ。あくまでも昼ドラ的な妄想だけど。

東芝の子会社で架空取引 売上高200億円過大計上

東芝は18日、子会社の東芝ITサービス(川崎市)で数年間、架空取引があったと発表した。2019年9月中間連結決算までの累計で売上高約200億円が過大に計上されていたと見込まれるという。
19年11月ごろに外部から指摘があり発覚した。東芝は弁護士や公認会計士らによる社内調査を進めている。調査結果を踏まえて、19年4~12月期決算に反映させる。

(2020/1/18 共同通信)

ここで「【東方MMD】小ネタ集4」を紹介。

人間も幻想郷の住人も正直なのが一番。得をするとは限らんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です