「スター☆トゥインクルプリキュア」第29話「ただいまルン☆惑星サマーンのユウウツ」&第30話「ララの想いとAIのキモチ☆」感想 ~ 「誰がために」

一瞬「無敵超人ザンボット3」的鬱展開になるんじゃないかと心配した第29話。

幸い、羽衣ララ嬢@CV小原好美女史の覚醒とパーソナルAIに宿った心で、終わりよければ全てよしな第30話に繋がったけど、AIに住民が生きること考えることの全てを依存している惑星サマーンって、そのラブリーな外見とは裏腹にガチのディストピアだよなあ。

守られ役が良く似合う
不肖の娘と ひとのいう


だがララは我のため
愛する家族と故郷(ほし)のため



戦友(とも)と渡る 血の大河

笑顔で猛る 死の荒野

キュアミルキー 誰がために戦う

キュアミルキー 誰がために戦う

彼女の答えは、まだ出きっていない。試されてるぜ。彼女も。視聴者も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。