「スター☆トゥインクルプリキュア」第8話「宇宙へGO☆ケンネル星はワンダフル!」感想 ~ 「スター☆トレックプリキュア」

宇宙…そこは最後のフロンティア。

これは惑星サマーン所属ロケットが、新世代のプリキュアのもとに2019年において任務を続行し、未知の宇宙を探索してプリンセススターカラーペンを求め、星奈ひかる嬢@CV成瀬瑛美女史のきらヤバでストレートなアクションと、天宮えれな嬢@CV安野希世乃女史の温かくて聡明な人たらし力で、人類未到の生命体とのコミュニケーションに勇敢にトライした物語である。




プリキュアもノットレイダーも、過去に接触の無かった部外者から見れば、等しく「突然現れた怪しい侵入者」。この視点から、「正義の味方」プリキュアですら異文化・異民族と交流し相互理解を構築することは難しく、彼女らが信頼関係を築くことにどのような意味があるかを描くのが本作のテーマの一つだとしたら、この先結構踏み込んだ内容に深化していくかも。期待増。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。