【極左の破壊工作か】「両勢力の疑心暗鬼UP」目的としては及第点な米軍基地カセットボンベ爆発事件 ~ 沖縄【極右の自作自演か】

辺野古の埋め立て工事再開の直前。衆院沖縄3区補選のちょい手前。


「左も右もそれなりに怪しいのが悩ましい」
「そう見せかけたい第三者による世論煽動の可能性が微レ存なのも悩ましい」

背徳と悪徳の香り。じゅるり(涎)

米軍基地でカセットボンベ爆発、何者かが侵入か

24日午後6時頃、米軍キャンプ瑞慶覧(ずけらん)(沖縄県北谷町など)内にある防衛省沖縄防衛局の事務所の入り口付近で、カセットボンベが爆発した。同防衛局が25日に発表した。けが人はいなかった。付近ではフェンスの一部が壊されており、米憲兵隊などは何者かが侵入した可能性があるとみて調べている。
同防衛局によると、現場は「監督官事務所」と呼ばれ、基地内の施設の工事などを行う建設会社の社員らが使用している。カセットボンベは事務所2階の入り口につながる外階段の踊り場付近で複数個見つかっており、ここで爆発したとみられる。
キャンプ瑞慶覧には在沖縄米海兵隊司令部がある。

(2019/3/25 読売新聞)

ここで「いただきじゃんがりアイドル部R」を紹介。

温故知新。

2 件のコメント

    • んさんへ

      >普段のフェンスに対する行いから考察して、
      >極左の破壊工作に一票。
      普通に考えるとそうですよねえ。個人的にはもう一波乱あって欲しい事件ですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です