【それも】「涼宮ハルヒの憂鬱」などで知られるアニメ監督・山本寛が破産【取引先による債権者破産】

代理人は「山本氏はかねてから株式会社ウルトラスーパーピクチャーズと過去のアニメーション作品の制作費負担について話し合いを続けて参りましたが、左記債務について、ウルトラスーパーピクチャーズが債権者として破産手続開始の申立を行ったことで、今回の手続開始決定がなされたものです」と経緯を説明。現在の山本氏の財産では1億円余りの債務を一括で支払うことが難しいことから、破産手続開始決定の判断が下されたという。

記事内ではサラッと流しているけど、これ結構ヤバい内容よ。

  1. 過去作品の制作費をヤマカンが長期間に亘り制作会社に払ってない
  2. 制作会社が支払いを督促するも、ヤマカンは払えないの一点張り
  3. 制作会社側のヤマカンに対する信用低下。交渉決裂
  4. 制作会社「一括で支払うことが難しい?つまり払う金が一定額あるのに払いを断り続けていたってことか!ならばこっちが費用持ちで破産を申請してやる!回収できるカネの問題じゃない!報復だ!ヤマカンとは縁切りだ!」

債権者破産ってのは基本こういうことだからね。1億円という金額以上に相当な不義理を制作会社側にやらかしたとか思えんわ。ヤマカンは。

山本氏は現在制作中のアニメ映画「薄暮」の制作資金をクラウドファンディングで集めたが、「本件破産は『薄暮』の制作資金や制作状況に影響を与えるものではありませんので、ご安心ください」とした。

こっちはクラウドファンディングで集めた資金だから、ヤマカン個人の財布とは別口。故にヤマカンの主張は多分正しい。ただし、「薄暮」の次の作品にヤマカンが携わることが許されるかどうかは別問題。

ホント、何をやらかしたんだろうな。カネ以外の部分も含めて。

「ハルヒ」手がけた“ヤマカン”山本寛監督が破産

「涼宮ハルヒの憂鬱」などの人気アニメを手がけた“ヤマカン”こと山本寛監督(44)が破産したことがわかった。
山本氏の代理人弁護士は11日、公式サイトで「平成31年3月4日、17時付で、東京地方裁判所立川支部において山本寛氏について破産手続開始決定がなされました」と報告。山本氏も自身のブログで、代理人の報告を公開した。
代理人は「山本氏はかねてから株式会社ウルトラスーパーピクチャーズと過去のアニメーション作品の制作費負担について話し合いを続けて参りましたが、左記債務について、ウルトラスーパーピクチャーズが債権者として破産手続開始の申立を行ったことで、今回の手続開始決定がなされたものです」と経緯を説明。現在の山本氏の財産では1億円余りの債務を一括で支払うことが難しいことから、破産手続開始決定の判断が下されたという。
また、山本氏は現在制作中のアニメ映画「薄暮」の制作資金をクラウドファンディングで集めたが、「本件破産は『薄暮』の制作資金や制作状況に影響を与えるものではありませんので、ご安心ください」とした。

(2019/3/11 日刊スポーツ)

ここで「花粉生徒会」を紹介。

戦とネゴは「勝つこと」より「負けないこと」が大事なのよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。