【大昔鷲宮】「アニメ×マチおこし」に定評がある佐賀県絶好調 ~ TVQが1/14に「ゾンビランドサガ」聖地巡礼番組を放送【少昔大洗】

「ゾンビランドサガ」といい、「サガプライズ!」絡みの一連の提携コンテンツといい、佐賀県のアニメ/ゲームコンテンツを使った町おこし、もとい「県おこし」スキルは、ハリウッドの一流プロモーターも脱帽。

「らき☆すた」の鷲宮=久喜市といい、「ガールズ&パンツァー」の大洗町といい、この手のコラボには必ずキーパーソンがいて、上手く周りを巻き込み、状況を演出するもんだが、佐賀県のようにヒット続きってのはちょっと出来過ぎだよな。

マジメな話、大したもんだ。SAGA…恐ろしい子。

14日に「ゾンビランドサガ」聖地巡礼番組 本渡楓さんがナレーション

昨年10月から12月にかけて放送された佐賀県が舞台のテレビアニメ「ゾンビランドサガ」の“聖地巡礼”番組が14日、TVQ九州放送で放送される。作品に登場したさまざまなスポットを訪ね、作品の世界観を味わいながら佐賀の魅力を再発見する。ナレーションは主人公・源さくらを演じた声優の本渡楓さんが自ら担当し、作品世界へいざなう。15時54分~16時24分。
番組名は「ゾンビランドサガ聖地巡礼ツアー~私たち、生きたい、行きたい! SAGA~」。作品内で出てきた場所を「聖地」と銘打ち、福岡などで活躍するタレント3人が巡る。温泉やグルメを堪能するほか、アニメの名シーンの再現にも挑戦する。
アニメは、ゾンビになった7人の少女らが佐賀を救うアイドルを目指す物語。作中には佐賀県内のさまざまなスポットやグルメが登場し、ファンが現地を訪れる「聖地巡礼」は放送終了後も続いている。少女らの住まいとなった唐津市の洋館が昨年11月末に一般公開された際には、1日で1000人以上が訪れた。

(2019/1/12 佐賀新聞)

ここで「サガのためなら死ねる」を再紹介。

「アニメの名シーンの再現にも挑戦する」。この路線の名シーンに挑戦してくれたら嬉しいけど、悪い気がするからお願いはしなーい(邪笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です