【嘘を嘘と見抜けない大衆】コンゴ政府「大統領選について嘘情報が流れると騒乱になるので全土でインターネットを遮断しました」【嘘を嘘と信じてもらえない政府】

この場合どっちがより問題なのか>コンゴの大衆と政府。

というより、先進国でこれやったら100%暴動なり反政府運動なりが勃発だよなあ。「大衆を舐めるな…俺たちをなめるなぁぁあああっ!!!!!」って感じで。

日本以外。何故なら、日本は政府も大衆ももう少し「嫌らしいやり方」を選ぶから。

コンゴ政府、全土でネット遮断=大統領選後の騒乱阻止と説明

【キンシャサAFP時事】コンゴ(旧ザイール)政府は1日、全土でインターネットを遮断したことを明らかにした。
12月30日投票の大統領選をめぐり不穏な空気が漂っており「大衆の騒乱」を阻止するためだと説明した。
野党は12月31日からネットがつながらないと政府を批判。欧米各国も早急な復旧をコンゴ政府に求めていた。
大統領選は、カビラ大統領の後継候補と野党の有力2候補の計3人が独自の集計に基づき自身の優勢をそれぞれ主張している。コンゴ政府高官は1日、「うその集計結果を大衆に吹き込む者がいて、これが騒乱の元になる」と強調。ネット遮断は政府の「責務だ」と訴えた。

(2019/1/2 時事通信)

ここで「【アイドル部MMD】【八重沢なとり】ぽっぴっぽー」を紹介。

インターネット全面遮断とは芸が無さすぎるぞコンゴ政府。どうせなら彼女たちの舞をエンドレスか、niceboatの映像を延々と流すんだ。きっと一部層には好意的に受け入れてもらえる。多分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です