保守分裂&政権逆風下での新潟市長選は、中原八一@自民が小柳聡@野党連合を最終コーナーで引き離し勝利

【真の戦場は】騒動の黒幕と週刊文春にとっては「口利き100万円」が灰色ネタでも別にいいんだよなあ ~ 片山さつき地方創生相「提訴します!」【10/28投開票の新潟市長選】(2018/10/22)

本件はいわば「関ケ原の戦いにおける上田合戦」よ。中原八一@自民と小柳聡@野党連合がデッドヒートを繰り広げている新潟市長選で、あと1発文春砲を炸裂させてハナ差リードの中原陣営の足を止め、小柳陣営に少しでも有利な状況を作れれば、それで十分。文春も黒幕も、東京でさつきに勝つ必要ないんだよね。本件の関ケ原は新潟なんだから。


「こんな展開経由で最悪の結果にならなくてよかったね!」

いやホントに。

与野党9割が現職・内堀雅雄候補へ相乗りだった福島知事選は心配する必要なかったけど、新潟市長選は、さつき騒動や日中和解劇の影響で中原と小柳のどちらの陣営に浮動票が流れるか分からなかったからなあ。まずは地方首長選の連敗が止まって一安心と言うべきか。

新潟市長選 中原氏が当選確実

任期満了に伴う新潟市長選挙は28日投票が行われ、自民党が支持する元参議院議員の中原八一氏が野党5党が支援した候補ら3人を破り、初めての当選を確実にしました。

中原氏は、新潟市出身の59歳。
新潟県議会議員を経て、参議院議員を1期務めましたが、おととしの選挙で落選しました。
自民党は今回の選挙で、中原氏を支持しましたが、一部の県議会議員や市議会議員が吉田氏を支援し、分裂しました。
こうした中、中原氏は、政府・与党とのつながりや政治経験を強調し、自民党支持層に加え、公明党支持層からも一定の支持を集め初めての当選を確実にしました。
一方、野党5党は、小柳氏を支援し、事実上の野党統一候補となりましたが、小柳氏は及びませんでした。

(2018/10/28 NHK)

とりあえず、今日の「HUGっと!プリキュア」第38話「幸せチャージ!ハッピーハロウィン!」の感想は明日以降。明日に備えて臥せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です