【資本家優遇】トランプ米大統領、企業決算の検討を指示 -四半期から半期に-【投資家軽視】

  • 実現すれば企業の負担が減る一方、投資家にとっては透明性が損なわれることになる
  • トランプ曰く「自由度が増し、お金の節約にもなる」

トランプ自身の政治信条が「真っ当なディスクローズ」とは対極にあるから、まあそういうことも言い出すだろう(皮肉)。

オッサンの本音がそれだけならまだマシで、

「実はトランプって、米国大統領なのに統制経済支持者なんじゃね?」
「ロシア人もビックリですね」

(一応)一流金持ち、一流経済人にあらず。

トランプ氏、企業決算の検討を指示 四半期から半期に

米トランプ大統領は17日、上場企業に対して3カ月ごとに財務状況を発表させる「四半期決算」について、見直しに向けた検討を米証券取引委員会(SEC)に指示したと明らかにした。年2回、6カ月ごとの発表で済ませた場合の影響を検討させる。実現すれば企業の負担が減る一方、投資家にとっては透明性が損なわれることになる。
トランプ氏はツイッターで、財界人の一人から産業活性化策として決算を四半期から半期ごとにするよう提案を受けたとし、「自由度が増し、お金の節約にもなる」と書き込んだ。(ワシントン=江渕崇)。

(2018/8/17 朝日新聞)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です