【7/19「SPINDLE問題」発覚】8/4になってスラップ訴訟に手を出した木村文信@野田聖子夫兼元暴力団員の愚【7/31二階俊博が安倍晋三総裁三選を正式支持】

妻・野田聖子の総裁選出馬を危うくするスキャンダルが7/19に表沙汰になり、7/31に彼女の後ろ盾から見放され、そして8/2に文春砲と新潮砲のクロスファイア。

「文信のオジサマって、ここまで来て本件のタクトを振っている黒幕が何者か分かってないのね。兄様」
「ここで軽々しくスラップで法廷闘争に持ち込めば、相手の思う壺だってことが分からないんだね。姉様」

会津小鉄会系の暴力団員上がりにしては、ガチ権力者との喧嘩の仕方が雑過ぎやしませんかね?

このまま行くと,9月を待たず徹底的に潰されるぞ。木村文信ではなく、野田聖子の方が。個人的には別にいいけどね。つか、実に望ましい展開だけどね。

ついでだから、本件の黒幕さんは、仮想通貨「SPINDLE」だけじゃなく、GACKTその他の業界ゴロが絡んでいるオンラインカジノ疑惑の方でも、もういっちょディープなネタリークをヨロ。あと2,3発も直撃を喰らわせれば、とりあえず野田聖子は撃沈だろ。どうぜ総裁選後に内閣改造するんだから、総務相が1-2カ月空席になっても誰も困らんって。

野田総務相の夫が文春・新潮提訴=金融庁「圧力」問題

野田聖子総務相の秘書が、無登録で仮想通貨交換業を行ったとされる会社を同席させて金融庁から説明を求めた問題で、総務相の夫の文信氏が週刊誌の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋と新潮社を相手取り慰謝料を求める訴えを東京地裁に起こしたことが分かった。
野田氏の事務所が4日、明らかにした。
事務所によると、週刊文春と週刊新潮が8月2日号で「文信氏が元暴力団員で、総務相に働き掛けて金融庁に圧力をかけた」といった内容を報じ、「原告の名誉を著しく毀損(きそん)するもので、真実と異なる」と主張している。

(2018/8/4 時事通信)

ここで「 」を紹介。

権力者相手の喧嘩と中二病ハートの暴走は程よい遊び心があってこそ、世間から支持される。文信氏には分からんだろうがな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。