【不倫の次は】中川俊直の前川恵に対する執着度は異常【嫌がらせメールの嵐】

中川俊直が女性問題で経産政務官を辞任な件について(2017/4/18)

  • 中川俊直って3月にも前川恵との密会騒動起こしているのに、懲りない
  • 父親の中川秀直も、愛人との禁断のピロートークがバレて内閣官房長官をクビになったが、血は争えない
  • 「お父様の中川秀直は、4月14日に原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟の発足式で小泉純一郎とのタッグを表明」
  • 「イケメン息子の中川俊直は、4月18日に愛人との重婚ウェディングプレイ&ストーカー行為がバレて辞任」

1年前のこの騒動の時は、「女癖の悪さと変態プレイ好きは父親譲り」以上の感想を持たなかったが、今回の文春砲がマジモンなら、オトン以上の変態というか、犯罪者ですな。それも、

〈進次郎、進次郎、進次郎、進次郎……。くたばれ。進次郎狂いのきちがい。死ね。お前も進次郎も何のために政治家になったんだろう?〉(2016年10月2日)

正気の沙汰じゃねえ。政治家としても社会人としても人間としても。

粘着男の嫉妬全開というか、プロのストーカーが裸足で逃げ出すサイコパスぶりですわ。よくこれまでポリス沙汰を起こさなかったな、俊直のボンは。もしかしたら起こしていたのかも知れないけど。それはそれ。

「進次郎狂い」「くたばれよ」安倍チルドレンが美人前議員にストーカーメール1日200通

西日本豪雨の被災地を精力的に視察し、フェイスブックで発信している前衆議院議員の中川俊直氏(48)が、かつての同僚であった前川恵前衆議院議員(42)に、〈死ね〉〈バカ野郎〉〈くたばれ〉といった嫌がらせメールを現在も大量に送り続けていることがわかった。
「実は、前川先生は2年8カ月以上にわたって中川先生から酷いメールをほぼ毎日のように送りつけられているんです。日に200通を超える日も多く、昼夜問わず届いている状態」(事務所関係者)
当時、農林部会に所属していた前川氏が、関連イベントに農林部会会長であった小泉進次郎議員と一緒に参加した際には、こんなメールが届いた。
〈進次郎、進次郎、進次郎、進次郎……。くたばれ。進次郎狂いのきちがい。死ね。お前も進次郎も何のために政治家になったんだろう?〉(2016年10月2日)
前川氏はストレスにより体調不良に陥った。
「1日200通程度の人格を否定するようなメールが来ている。それに基づいて身体に不調を来しているというような場合には傷害罪にあたる可能性があります。傷害罪にあたると、罪としては15年以下の懲役、または50万円以下の罰金となります」(ネットストーカーに詳しい清水陽平弁護士)
7月14日、東広島市にある事務所の前で中川氏を直撃すると、「もう今は全然連絡を取ってないです」と関与を否定。その後、ファクスでも「質問において摘示されている事実はありません」と回答した。
一方の前川氏は、メールで「メッセージは来ていました。仕事に影響のないよう、気持ちを切り替えるようにしていました。もちろん中川氏とは仕事のみの関係です」と回答。
前川氏は警察への被害届提出も検討しているという。
祖父・俊思氏、父・秀直氏に続く三世議員の中川氏。広島四区の地盤を引き継ぎ、2012年に初当選した悪名高き119人の安倍チルドレンの一人だ。しかし、昨年10月の衆議院選では自らの愛人スキャンダルから自民党の公認を受けられず、出馬を断念。謝罪会見を行い、「愚か者がどういうふうに這い上がっていくかが、人間の真価が問われる部分。猛省して成長したい」と国政復帰への意欲を示していた。
7月19日(木)発売の「週刊文春」では、中川氏が送った罵詈雑言だらけの複数のメールなど、現在も続く被害の実情を詳報。「 週刊文春デジタル 」では、中川氏への直撃取材の模様などを含めた《完全版》動画を同日朝5時に公開する。

(2018/7/18 週刊文春)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です