【安倍晋三首相の欧州・中東歴訪中止】平成30年7月豪雨の影響に見る永田町とEUの現状【日EUのEPA署名は7/17に東京で】

一つ、野党はもう今国会中に安倍総理を追い詰められない。彼が海外歴訪を取りやめたにもかかわらず。二つ、EUは安倍総理の後日訪欧を待ってられないほど、ドナルド・トランプの圧力に辟易している。もしかしたら辟易どころではなくマジで追い詰められている。

とりあえず、流石の立件民主党&辻元清美が、このタイミングで「嫌がらせにならないと気が済まない」内閣不信任案の提出なんて暴挙をやらなかっただけでもなにより。もっとも、

「この大惨事下で、国会の残り日程がどう活かされることになるやら」

多分、無駄に流れて終わりだろうな。多分、某法案絡みで頭を抱えている国会当事者の9割はそれを願ってる。そして今回、それは決して最悪な流れではない。

西日本豪雨 日EUのEPA署名は17日、東京で開催に 安倍晋三首相の欧州・中東訪問取りやめ

菅義偉官房長官は9日の記者会見で、西日本豪雨対応のため、安倍晋三首相が11~18日に予定していたベルギー、フランス、サウジアラビア、エジプトの4カ国訪問を取りやめると発表した。首相は同日の自民党役員会で「外遊予定を取りやめ、災害対応に全力を挙げる。とにかく人命第一、安全第一。できることは何でもするという姿勢で対応していく」と述べた。
首相は被災地の状況を踏まえ、近く現地入りに向けて日程を調整する。
首相は11日にベルギーで、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)署名式や、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の関係行事に出席し、トランプ米大統領などとの対話を予定していた。
日EUのEPA署名式については、日程を再調整した結果、17日に東京で開催することになった。首相は9日夜、欧州委員会のユンケル委員長と電話で会談した。ベルギー訪問見送りの経緯などを説明したとみられる。
12日にフランスで開幕する日本文化の紹介イベント「ジャポニスム2018」開会式には、河野太郎外相が出席する方向で調整している。

(2018/7/9 産経新聞)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。