読売巨人軍が契約解除してから「同僚のユニホーム泥棒」柿沢貴裕を逮捕した神奈川県警

当該スキャンダルが発覚したのは昨日の7月7日。それと同時の逮捕じゃないメリットって、具体的に何かあるのかな?読売新聞やジャイアンツへの忖度(例;現役選手ではなく元所属選手にしてからお縄)とかそういうのじゃなく。

「ユニホーム泥棒でクビにし、窃盗で逮捕させた後、更にヤバいネタが出てくることが決定済みの流れとか?」
「そして、そのシナリオを、表向き読売や巨人は知らないことになっているとか?」
「むしろ、逮捕後、何が出てきても知らぬ存ぜぬで見逃してもらえるということで、神奈川県警と握り済みとか?」

ならわかる。なんせ神奈川県警だもん。真相がどうかは知らんけど。

元巨人選手を逮捕=ユニホーム盗んだ疑い―神奈川県警

同僚のユニホームを盗んだとして、神奈川県警多摩署は8日、窃盗容疑でプロ野球読売巨人軍の元外野手柿沢貴裕容疑者(23)=埼玉県川口市西川口=を逮捕した。
容疑を認め、「生活費に困ってやった」と話しているという。球団からは野球道具約110点が盗まれたとの被害申告があり、関連を調べる。
球団は7日、盗んだ野球用具を中古品の買い取り専門店に売却したとして、柿沢容疑者の契約を解除した。公式戦出場はなかったという。
逮捕容疑は6月21日午後7時ごろ、川崎市多摩区菅仙谷の読売ジャイアンツ球場のロッカー室で、球団が2軍選手に貸与したユニホームの上着1着(時価2万円相当)を盗んだ疑い。

(2018/7/8 時事通信)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。