ガチテロの警鐘を鳴らすために、仏原発へドローン特攻というプチテロを起こしたグリーンピース

 グリーンピース・フランスの原子力反対運動部門を率いるヤニク・ルスレ(Yannick Rousselet)氏は「これは極めて象徴的な行動だ。今回はいとも簡単に空から使用済み核燃料貯蔵プールに到達できることを示した。つまり攻撃に対して極めて弱いということだ」と述べた。

自分たちの活動アピールのためなら、大義(脳内)を掲げて犯罪を行うことは正当化されるのか。さすがの緑豆クオリティ。とてもマネできねえ。マネしたいなんて欠片も思わんけど。

とりあえず、こういうトンチキに堅気や正気の衆は近寄ってはならない。ここは満を持して彼の出番であろう。

善良な一般ピーポーとしては、愛すべき馬鹿が憎むべき阿呆をフルボッコにする姿を見たいのでござるよ。のほほのほ。

仏原発にスーパーマンを模したドローンぶつける、グリーンピース

【7月4日 AFP】環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)は3日朝、フランスの原子力発電所がテロ攻撃に弱いことを示すため、同国南東部の原発に空飛ぶスーパーマン(Superman)を模したドローンを激突させたと発表した。
グリーンピースが公開した動画には、南東部リヨン(Lyon)郊外約25キロに位置するビュジェ(Bugey)原発上空の飛行制限区域を飛行し、建屋にぶつかるドローンが映っていた。
グリーンピースによると、ドローンは原子炉のそばの使用済み核燃料貯蔵プールの建屋にぶつかったという。使用済み核燃料貯蔵プールは原発内でも特に線量が高い場所だ。
グリーンピース・フランスの原子力反対運動部門を率いるヤニク・ルスレ(Yannick Rousselet)氏は「これは極めて象徴的な行動だ。今回はいとも簡単に空から使用済み核燃料貯蔵プールに到達できることを示した。つまり攻撃に対して極めて弱いということだ」と述べた。
フランス電力(EDF)は、使用済み燃料プールの建屋は自然災害や事故などの衝撃に耐えられるように設計されていると説明するとともに、グリーンピースが飛ばしたドローン2機のうち1機を警察が押収したと発表した。

(2018/7/4 AFP-BB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。