エマニュエル・マクロン、自分を「マニュ」と呼んだ少年に対して「大統領とお呼び!」

  1. 少年は、握手を求めて集まった中学生の集団の中にいた。「マニュ、元気?」とマクロン氏に呼びかけると、「それはダメだ。私は君の友達ではないぞ」と説教を始めた。
  2. 少年はすぐに謝ったが、「君は公式行事に参加しているのだから、きちんとしなくてはいけない」「私のことは大統領、もしくはムッシューと呼びなさい」とたたみかけた。
  3. さらに、「自分で食べていけるようにまずは勉強をしなさい」「最善を尽くして一番高いところを目指すんだ」と激励した。

1と2で終わらせとけばいいのに、3は「個人的な説教」から「公平な指導」への切り替え狙いが露骨過ぎて興ざめだにぃ。ガキンチョに「マニュ」呼ばわりされたのが、そんなにカチンと来たん? それとも、

「友人以外で自分をマニュと気安く呼んでいいのは、愛する妻を含む淑女だけだとか?」

それだったら仕方ないかな。マニュ、男の子だもん。

もっとも、小生意気な少年をただ説教するのではなく、大人の男の魅力で調教するのも、美少年の魔性に調教されるのもいいものよ。

中学生「跪いてお舐めよ。僕の聖なる足」

朕は、こんな感じでマクロンが背徳の聖なる泉に沈む姿を見たいぞな。のほほほのほ。

マクロン氏、少年に説教「大統領と呼びなさい」

【パリ=作田総輝】「大統領と呼びなさい」。フランスのエマニュエル・マクロン大統領がこんな言葉で少年に説教をする映像がインターネット上に広がり、話題になっている。ファーストネームにちなんだ愛称「マニュ」と呼ばれ、黙っていられなかったようだ。
映像は、マクロン氏が公式行事に参加するために18日に訪れたパリ近郊モンバレリアンでの一幕を収めたもの。少年は、握手を求めて集まった中学生の集団の中にいた。「マニュ、元気?」とマクロン氏に呼びかけると、「それはダメだ。私は君の友達ではないぞ」と説教を始めた。
少年はすぐに謝ったが、「君は公式行事に参加しているのだから、きちんとしなくてはいけない」「私のことは大統領、もしくはムッシューと呼びなさい」とたたみかけた。さらに、「自分で食べていけるようにまずは勉強をしなさい」「最善を尽くして一番高いところを目指すんだ」と激励した。

(2018/6/22 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。