【賭場連中の汚れが消えるのが先か】最大手ビットフライヤーをはじめ複数の仮想通貨交換業者に業務改善命令【仮想通貨ブームが終わるのが先か】

  • 金融庁は19日、仮想通貨交換業者のビットフライヤー(東京都港区)など複数社に対し、週内にも改正資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針を固めた。
  • いずれも金融庁の審査を通過した登録業者で、マネーロンダリング(資金洗浄)対策など内部管理体制に不備が判明した模様だ。

正式な登録業者かつ最大手のビットフライヤーからして遵法精神に欠けてるってことは、仮想通貨取引所という「21世紀の賭場」界隈を跋扈している輩にロクな奴はほぼ皆無ってことか。

まあ自業自得。「誰が」とは敢えて言わんけど。

<金融庁>仮想通貨交換業者に改善命令へ 資金洗浄対策不備

◇ビットフライヤーなど複数社に対して
金融庁は19日、仮想通貨交換業者のビットフライヤー(東京都港区)など複数社に対し、週内にも改正資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針を固めた。いずれも金融庁の審査を通過した登録業者で、マネーロンダリング(資金洗浄)対策など内部管理体制に不備が判明した模様だ。
処分されるのは他にQUOINE(東京都千代田区)やビットバンク(東京都品川区)など。3月に業務改善命令を受けたテックビューロ(大阪市)とGMOコイン(東京都渋谷区)にも2度目の処分を出すことを検討している。
金融庁はこれまで登録を申請中の「みなし業者」に立ち入り検査を実施し、全15社に登録拒否や業務停止、業務改善の行政処分を出した。並行して登録業者も検査してきたが、資金洗浄など犯罪に利用された疑いがある取引の確認が不十分だったり、業務に対して社員が不足したりしているケースが相次いで判明したという。【鳴海崇】

(2018/6/19 毎日新聞)

ここで「【プリキュアMAD】伝説のWarriors」を紹介。

仮想通貨賭博には熱さが足りない。魂の熱量が足りない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。