【事故か】カンボジア野党・民族統一戦線の党首にしてシハモニ国王の異母兄、ラナリット殿下が交通事故で重傷【テロか】

テロだとして、首謀者はフン・セン政権関係者か、その他の勢力か。

昨年、最大野党・救国党が解党させられた時に、野党最大の41議席の受け皿となった民族統一戦線こと王党派フンシンペック党。その党首が、来月の下院選(国民議会)の直前に交通事故で重傷か。偶然にしては出来過ぎだな。

「タイミング的に考えれば、フン・セン側の誰かによるテロか」
「はたまた、党首としてイマイチのラナリット殿下をアレすることで、同情票ガッポリ狙いな野党の誰かの裏切りか」

これもし本当にただの交通事故だったら、「カンボジアの神様はそんなにブラッディ総選挙を見たいですかー?」とゲンナリ気分。さて、真相は。

ラナリット殿下、交通事故で重傷=同乗の妻死亡―カンボジア

【バンコク時事】カンボジア警察によると、南部シアヌークビルで17日午前、シアヌーク前国王の次男で、野党・民族統一戦線の党首であるラナリット殿下(74)が乗っていた車が対向のタクシーと正面衝突した。
ラナリット氏は重傷を負い、同乗の妻は死亡した。ラナリット氏は危険な状態で、プノンペンの病院で治療を受けているという。
ラナリット氏はシハモニ現国王の異母兄。下院選を7月に控え、支持者に会いに行く途中だった。
ラナリット氏は国連管理下で行われた1993年の制憲議会選で、民族統一戦線を率いて勝利し、第1首相に就任した。しかし、フン・セン第2首相(当時)との争いに敗れ、国外追放された。その後、帰国して2015年に党首に復帰したが、党勢は低迷している。

(2018/6/17 時事通信)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。