【人として】故・西城秀樹さん葬儀配布品がヤフオク!やメルカリに大量“転売”出品される【どうよ】

  • ポストカードは2日間で2万枚用意され、開始数時間前から多くのファンが列を作っていた。
  • 同一の出品者が多数出品しており、「どうやって、これだけの量を確保したのだろう?」と疑問の声も上がっていた。

つまり、

(誤)開始数時間前から多くのファンが列を作っていた。
(正)開始数時間前から多くの組織的な転売ヤーが列に紛れ込んでいた。

ってことだよな。

つか、怒るより先に悲しくなるわ。こんな現実。

西城秀樹さん葬儀配布品が“転売” ネットオークション多数出品に批判が殺到

  25、26日に営まれた歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき、本名木本龍雄=きもと・たつお)さんの通夜、葬儀・告別式の配布品が大手ネットオークションサイトに複数出品され、批判の声が上がっている。
25日の通夜では一般参列者用にも祭壇が設けられ、2014年のコンサートの写真が入ったポストカードが配布された。ポストカードは2日間で2万枚用意され、開始数時間前から多くのファンが列を作っていた。
27日にこの配布品などが「お別れの会 祈念品一式」などとしてオークションに出品されており、数万円の高値がついている。ネットでは「転売するために参列したと思うとゾッとする」「人としてどうなの」「ポストカードは欲しいけど…」と批判が殺到。同一の出品者が多数出品しており、「どうやって、これだけの量を確保したのだろう?」と疑問の声も上がっていた。

(2018/5/28 スポニチアネックス)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。