奈良県山添村に墜ちた小型機「ソカタTBM700」、墜落前に空中分解か

 TBMシリーズでは一番初期の型だが、このタイプのターボプロップ機では高性能の筆頭格。2001年製で今年6月に日本へ運ばれ7月に整備。昨日の天候は良くもなく悪くもなく。挙句、操縦していた田中社長も操縦歴40年のベテランときては、空中分解なんて事故が起こるとはとても思えんのだけどなあ。

f:id:kagura-may:20170122215958j:image:h250

「もしかしてこれ、事故じゃなく事件なんじゃないかしら?」

 墜落の3日前に無線機の不具合を起こしていたって言うから、その時点で電気系統や燃料系統に何かの小細工が…まさかね。

小型機は空中分解か 現場から遺体搬出 「機体は空中分解していた」事故原因究明の調査始まる

 奈良県山添村の山中にきのう、小型機が墜落し、2人が死亡した事故で、国の運輸安全委員会がけさ現場を調査し、機体は「空中分解」していたことがわかりました。

 午前6時50分、奈良県警の捜査員が墜落現場へと向かうため、山に入ります。けさ、雨が降る中、奈良県山添村の墜落現場では、警察と消防が70人態勢で捜索を再開。午前9時過ぎには、国の運輸安全委員会の調査官も現場に入り、調査を始めました。そして、終了後に調査官は、「尾根を1つ隔てたような所に(機体が)バラバラに散らばっている」「(機体が)空中分解していたのは、間違いない状況」と話し、機体は空中分解したと断定。機体の破片は数十メートルほど離れた所まで散らばっていて、空中分解の衝撃は激しかったものとみられます。操縦席付近では2人の遺体が見つかり、2人は、小型機の所有者で大阪市の会社役員・田中良一さん(68)と妻の佐智子さん(55)とみられています。田中さんを知る人は、「(良一さんは)気さくな人、奥さんの方はきれいな人」「すごく仲のいいご夫婦でした」と話します。操縦歴40年のベテランで機体の点検にはいつも慎重だった田中さん。会社の従業員は、田中さんは気象予報士のような専門知識を使って、よく天気図の話をしていたといいます。また、飛行機が好きで、今回、墜落した小型機も、「狙っていたのが買えた」と話していたということです。きょうの捜索は午後1時半ごろ終了し、遺体の一部が運び出されました。損傷が激しく警察は身元の確認のため、DNA鑑定を急ぐとしています。警察などは、あす以降、機体の回収もはじめ、墜落した原因について調べを進めます。

(8月15日 ABC)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。