「キラキラ☆プリキュアアラモード」第12話「敵は…モテモテ転校生!?」感想 ~ 「けだものフレンズ」

  • けだものフレンズ とは

ジュリオこと「イケメン転校生」黒樹リオ君@CV皆川純子女史の、宇佐美いちか嬢@CV美山加恋女史への異常な距離の詰めかたや、神楽坂りさ嬢@CV渋谷彩乃女史の「リオ君は(ケーキ)食べないの?」への返答「俺はいいんだ」「もっと美味しいモノを今から味わうから」が、どう見ても聞いても年若きベテラン変質者のそれにしか見えない第12話を表現する言葉。転じて、「そんなリオ君に初対面から警戒心丸出しな琴爪ゆかり嬢@CV藤田咲女史」「戦闘中に『ジュリオ?いい名前ね』だし、もう正体見抜いているよなあ。ゆかりさん」「でも、その上で敵を泳がせておくのがゆかりさん」「更にその上で、『私のいちかに手を出すのはおやめなさい。姑息な貴方にはふさわしくないわ』と宣戦布告するのがゆかりさん」「キテホシイデスワー…」

f:id:kagura-may:20170423143003j:image

f:id:kagura-may:20170423143102j:image

f:id:kagura-may:20170423143225j:image

たつき監督によるもはや説明不要なかばんちゃんアニメとは無関係。多分。

 【本作スタッフはやればできる子】【キュアマカロンのフトモモ】第12話の戦闘シーンは本作屈指のクオリティ。あれだけ動かして、肉弾戦じゃなくてもここまで魅せられる&チラリズムに割く余裕があることに安心した(ん?)【キュアカスタードのワキ】

f:id:kagura-may:20170423143327j:image

切り結ぶキュアショコラ@CV森なな子女史とジュリオの顔が一瞬急接近したシーンを見て、「スマプリ」のキュアビューティvsジョーカー最終決戦を思い出した。あきらさんがプリキュアバレを避けたい理由「周囲の人を危険に巻き込むかもしれない」ってのも、れいかさんっぽいし。

  • いちか嬢からは黒幕呼ばわりされていたけど、ジュリオは中ボスというかマッドサイエンティスト的な現場指揮官っぽいな。サバーク博士@ハトプリ的なものかドクロクシー@まほプリ的なものは分からんけど。

  • あと、スイーツをなんであそこまで憎悪しているのか。本当はスイーツ好きで、父親か師匠に技術を叩き込まれたけど、どうしても実力を認めてもらえず、あまつさえ、同じような仕打ちを受けた母親が弱って死んでしまった恨みを、直接父親にぶつけずスイーツに…あれ、それってどこかの山岡士郎…

  • いずれにしても、第22-23話あたりでその事情は明かされるだろう。光堕ちするかどうかは分からんけど、やっとこれまでの展開の背景が見えてきたので、それまで視聴継続で待ってみる。

f:id:kagura-may:20170423143413j:image

  • 次回は有栖川ひまり嬢@CV福原遥女史、2度目の主役回、クッキングアイドルとして再デビュー!(違)。やっとだよ。マチクタビレター!×2。最初っから5人組スタートだから仕方ないんだろうけど、立神あおい嬢@CV村中知女史と併せて、JC組にももっと見せ場と出番と主役回をプリーズ。

f:id:kagura-may:20170423143612p:image

  • それはそれとして、自分たちに対するイケメンパフォより、男の子の腰を抱くリオ君のBL臭に雌の表情をさらけ出すいちご坂中のJC達をみて、「ホモが嫌いな女子なんかいません! 」と独り納得したおいらは、ゲスの鑑です。キラキラプリキュアやおいモード。

f:id:kagura-may:20170423143813j:image

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。