猛獣の扱いに定評がある安倍晋三総理、訪米で本領発揮な件について

 平和より安全。道理より利益。そう割り切れば、訪米中の安倍総理が披露しているトランプ大統領の調教スキルは、世界の情勢にとってベストではないまでも、日本の事情にとってベターな水準に達しているのかもな。

安倍晋三@日本は、トランプ@米国とメイ@英国の「特別な関係」にどう乗っかるべきか(2017/1/28)

 このエントリーの時にも触れたけど、日本政府の上層部は「米国に傅く金持ちポチ」ではなく、「トランプオヤジをいなせる特技持ち」として国際社会から一目置かれ続けられるよう、露骨な自己演出に意を置き続けるべきだ。間違っても無駄な対立の末に「芸無し」認定され、極東における米国の弾除け国家候補になってはならない。

f:id:kagura-may:20140617213338j:image:h250

「独立国やまと。推して参ります!」

 これからの数年間、日本に必要なのは献身的な誠実さではなく、保身的なしたたかさだ。感情や原理原則にこだわって滅びる役目は他国に任せればよい。

両首脳は相性抜群? =日米

 「素晴らしい友情を育んだ。われわれは相性がいいんだ」。

 米国のトランプ大統領は10日の日米首脳会談後の共同記者会見で、早くも安倍晋三首相との「親密」な関係をアピールした。

 トランプ氏は会談で、首相を車寄せで出迎えて握手するつもりでいたところ「思わずハグ(抱擁)してしまうほど親しみを感じた」と打ち明けた。ツイッターには、大統領専用ヘリ「マリーンワン」機内で、「シンゾー」首相と並んで笑顔を見せる写真を掲載した。

 一方、首相は会見で自らの姓の英字表記が、16代大統領リンカーンの愛称「エイブ」になると紹介。農家に生まれ今も米国民の尊敬を集める英雄と、公職経験なしに大統領に上り詰めたトランプ氏を重ね、「米国は民主主義のチャンピオンだ」と持ち上げた。トランプ氏が先月の就任式の宣誓で、リンカーンの聖書を使用したことが念頭にあったとみられる。 

(2月11日 時事通信)

 ここで「【第18回MMD杯本選】幼女戦記OP・ED 戦艦レ級ver」を紹介。


D

第18回MMD杯本選、開幕!

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。