トイレとテレビと照明は使えないが、エアコンとコンドームとカンガルーは完備可能なリオ五輪選手村

トイレ詰まり・盗難 豪州は宿泊拒否 選手村、はや問題(2016/7/25 朝日新聞)

  • トイレが詰まり、床は破損し、電気の配線はむき出し。
  • 部屋から室内照明器具や便座のふたなど備え付けの家具や備品が盗まれる事件も発生。

リオ五輪の選手村オープン、エアコンとコンドーム完備(2016/7/25 CNN)

  • 室内にはベッドとテーブルはあるが、テレビはない。
  • 寝室のエアコン完備。
  • 選手たちには計45万個のコンドームが配布される。

これだけ読むと、「選手と関係者は、テレビも観ずトイレにも行かず電気を消して、下半身はひたすらSEXに使ってろ」というメッセージなのかね?と、「流石はリオのお偉方、性道徳に縛られがちな先進国の人間にできないことを平然と言ってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」と、妙に納得できるんだが、

リオ市長、「カンガルー用意する」 豪選手団が入村見送りで(2016/7/25 CNN)

リオデジャネイロのエドゥアルド・パエス市長は「オーストラリアの選手団には、ここが我が家であると感じてほしい」として、選手団が宿泊する施設にカンガルーを連れてきてもいいのではないかと感じていると述べた。

少しカンガルーてみたが、どうしても納得できるロジックがイルカンジクラゲ。

しょうがないから踊っとけー。

 

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。