リオでスペインのセーリング五輪代表が襲われた件について

 他国の五輪代表という「大切なお客様」でも容赦無し&確認無用な、リオの路上強盗。五輪期間中、「治安?大丈夫!大丈夫だから」と日本人旅行者の観光ビザ免除を発表しているブラジルだけど、とても信用できねーなー。そもそも、

f:id:kagura-may:20160110141733j:image:w300

「大統領が自らの安全を守れない国の約束など、信用に値せぬ」

 東京五輪も雲行き怪しいが、目下、嵐と泥濘の中にあるリオ五輪は、本当に大丈夫なのかね。海の汚れは力技で綺麗にできるかも知れないが、民の心の闇は治安強化だけじゃ浄化はできないぜ。

五輪開催のリオで選手が強盗被害、銃を突きつけられ金品を奪われる

 【AFP=時事】五輪開幕まで3か月を切ったリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)の観光スポットで、五輪金メダリストのフェルナンド・エチャバッリ(Fernando Echavarri)を含むスペインのセーリング五輪代表チームのメンバーが銃を突きつけられ、金品を奪われる強盗被害に遭っていたことが明らかになった。

 事件が起きたのは観光客に人気のサンタ・テレーザ(Santa Teresa)地区で、襲われたのは五輪開幕に向けて現地で合宿を行っていたエチャバッリ、世界選手権と欧州選手権を制した実績を持つタラ・パチェコ(Tara Pacheco)、トレーナーのサンティ・ロペス・バスケス(Santi Lopez-Vazquez)氏の3人だった。

 スペインセーリング連盟(RFEV)によると、3人は「2丁の銃を持った5人組に襲われたが、幸運にも全員けがはなかった」としており、襲われた時間帯についてはスペイン側が21日の未明、警察側は20日だと発表している。

 警察によれば、奪われたのは「お金の入ったかばんと書類、カメラ」で、すでに当局が「犯人の特定と盗まれた品の奪回」に乗り出しているという。トレーナーは「とても不愉快な出来事だった。5人は若者で、2人は拳銃を構えていた。持っていた荷物はすべて取られたよ」と語った。

 RFEVは「リオの治安は、チームにとっての不安材料の一つ」と抗議。さらに「フェルナンド、タラ、サンティの3人は、できるだけ早く事件を忘れ、練習に100パーセント集中することを希望している」と続けた。

 大会主催者にとって開催地の治安は大きな懸案事項の一つ。ファベーラと呼ばれる世界最大級のいわゆるスラム街は、観光客が足を踏み入れてはならない場所とされていて、重武装の警察とマフィアの銃撃戦が頻繁に繰り広げられている。富裕層の暮らす市南部でも、銃で武装した犯罪者による強盗等は珍しくない。

 セーリング競技ということでは、会場となるグアナバラ湾(Guanabara Bay)の水質と波間を漂うゴミが問題になっていて、選手からも不安の声が出ている。セーリングの船は高速で滑走するにもかかわらず、繊細な構造をしているため、かじやセンターボードにポリ袋が絡んだだけでも事故に発展する恐れがある。【翻訳編集】 AFPBB News。

(5月22日 AFP-BB)

 ここで「【MMDドラマフェス?】ボーカロイド戦争 EPSODE_03【本編】」を紹介。


D

ネギ力ってオーラ力みたいな。

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。