大西英男@自民が「巫女のくせに」とまた暴言な件について

 一年に一度暴言を吐かないと、死んじゃう病なの?このオッサン。

【また大西】大西英男@自民党、「反原発派は各個撃破」【いつもの大西】(2015/7/31)

 個人的には、むしろこっちの方を問題視したいね。

  • 「やつらも一応インテリ。知識がないことには劣等感を感じる。新しい知識、正しい知識を提供していくべきだ」などと語った。

 すっげえ上から目線な発言。相手のコンプレックスを攻め手にしようという論法の厭らしさ。相変わらず、えぐい性格してるよなー。このオッサン。

 まあ、とりあえずアレだ。

f:id:kagura-may:20160324213356j:image:w300

「手前な」「口のきき方にゃ気ィ遣えよ」

 有権者から雑務を付託される程度の能力しかない国会議員ごときが、世界一位さんをはじめとする世界のアイドル・巫女様たちをディスってんじゃねーぞ。これ以上調子こいてっと、「巫女みこナース・愛のテーマ」を大音量ヘッドホンで聞かせ続けて、地獄の不眠刑経由の幻想郷逝き喰らわすぞ。オラ。

自民・大西氏「巫女のくせに」 自民好きでないと言われ

 自民党の大西英男衆院議員(東京16区)は24日、所属する細田派の会合で、衆院北海道5区補選の応援で現地入りした際、神社の巫女(みこ)から「自民はあまり好きじゃない」と言われた出来事を紹介。「巫女さんのくせになんだと思った」と発言した。

 大西氏は補選の必勝祈願のために神社を訪れ、出会った巫女に自民公認候補への支援を依頼したが、断られたという。「巫女さんを誘って札幌の夜に説得しようと思った」とも述べた。

 神社関係者らによる神道政治連盟は自民と近い関係にあるため、巫女から言われた言葉が不満だったようだが、細田博之幹事長代行(島根1区)は直後に「出雲の人からみるとはらはらした。東日本の人は頭に浮かんだらすぐに発言してしまう。言動、行動は十分に注意いただきたい」と制した。

 大西氏は昨年6月の自民党議員の勉強会で、「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」などと発言し、党から厳重注意処分を受けている。

(3月24日 朝日新聞)

 ここで「東方醤油拳」を紹介。


D

もこたんinしたお。

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。