京都3区補選、不戦敗か惨敗かで揉める自民党な件について

 「不戦敗したい」自民党本部と「惨敗したい」京都府連、双方の主張とも一理あるんだよな。

4月補選は自民党「北海道5区○ 京都3区×」で決まりな件について(2016/2/12)

 北海道5区は、新党大地の後押しもあって、故・町村信孝の娘婿にあたる和田義明氏で鉄板だが、京都3区は、誰が出るにしても自民党候補じゃ勝ちは無理だな。認めたくないが、泉健太@民主党は有能で強い。

負け戦の生贄として擁立されたがる人は多くない ~ 茂木敏充@自民党選対委員長、「衆院京都3区補選の候補擁立は慎重に」(2016/2/13)

f:id:kagura-may:20160213220201j:image:h300

 恥というか、次回以降&7月W選への影響から考えても、ここで不戦敗という選択肢だけは無い。本来なら。

 北海道5区は、鈴木宗男&貴子親娘を民主党から切り離した時点で圧勝確定。4月の補選はここで終わるはずだったのに、「一足飛びに議員辞職にまで突っ走った、下半身の節操が皆無な上に頭までクソ悪い」チャラ男・宮崎謙介のせいで、今回の京都3区補選、自民党はどういう形であれ大敗北。さらに、今後数回の同地区の国政選挙では混乱が続く。とんだ大迷惑だ。

自民、候補擁立見送る方針 京都3区補選、苦戦予想

 自民党の谷垣禎一幹事長は27日、京都市内で党京都府連幹部らと会談し、衆院京都3区補選(4月24日投開票)で公認候補の擁立を断念する方針を伝えた。「育休」宣言後に不倫が発覚した宮崎謙介・前衆院議員(同党を離党)の辞職に伴う補選で、苦戦が予想されると判断。同日実施の衆院北海道5区補選や夏の参院選への影響を避けたいと「不戦敗」を選んだ。

 会談後に記者会見した京都府連会長の西田昌司参院議員によると、谷垣氏は会談で「党本部は補選には慎重である」と発言し、擁立を見送る考えを示した。

 宮崎氏の言動への批判は強く、公明党は自民に「誰を擁立しても支援できない」と伝えていた。北海道5区補選とともに参院選の前哨戦となるため、別の党幹部も「北海道で勝っても、京都で敗れれば『1勝1敗』。京都を不戦敗にして『0・5敗』の方がましだ」と述べていた。

 西田氏は会見で衆参同日選の可能性に触れ、府連として「本選挙(衆院選)に向けて候補者を選んでいかなければいけないし、その手続きが補選までにできれば当然、(補選に)擁立すべきだ」との考えを述べた。ただ、告示が約1カ月半後に迫るなか、候補者選定は困難な状況だ。 

(2月27日 朝日新聞)

 ここで「【MAD】ONE PUNCH MAN」を紹介。


D

神編集に定評があるうぷ主。

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。