今夏の参院選・熊本選挙区は松村祥史@自民が当確 ~ SEALDsらによる「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」が、無所属の阿部広美を擁立

 昨年末の阿部広美擁立のプレ表明に際しては、メインの後ろ盾・共産党以外に民主党や維新の党も名前を連ねていたが、今、この3党間でまともな共闘体制が組めるとは思えんな。いいとこ、自主投票でお茶を濁して選挙戦に突入して各個撃破、現職の松村に鎧袖一触されるのがオチというものだろう。そうでなくても、

f:id:kagura-may:20130720131114j:image:w300

「死神のSEALDsが憑りついた時点で、この女の敗北は決定的といったところかねえ」

 市民連合とやらも、辛抱が足りないな。阿部候補を勝手に正式擁立して、共産党以外の野党連中にプレッシャーを掛けたつもりだろうが、今これをやられても、連中の態度を硬化させるだけだと分からんのかな。いずれにせよ、自分たちが採った選択だ。7月は、阿部候補共々せいぜい華麗に散るがよい。

<参院選熊本>野党統一候補 市民連合が支援表明、協定締結

 ◇「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」

 学生団体「SEALDs(シールズ)」や学者らで組織する「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」は11日、今夏の参院選熊本選挙区(改選数1)に野党統一候補として無所属で立候補する弁護士、阿部広美氏(49)の支援を表明した。熊本市で同日、公約などに関する協定を結んだ。

 市民連合と参院選候補の協定締結は初めて。協定は阿部氏が、安全保障関連法廃止や立憲主義回復などを公約とし、当選後は原則、特定政党に所属しないこととしている。市民連合の山口二郎・法政大教授は、全国で野党統一候補の擁立が進んでいないことに対し「野党に危機感が足りなすぎる」と訴えた。

 参院選熊本選挙区には、3選を目指す自民現職の松村祥史氏(51)と幸福実現党県副代表で新人の木下順子氏(56)も出馬表明している。【野呂賢治】

(2月11日 毎日新聞)

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です