バチャ・ハーン大学@パキスタンをタリバンが襲撃な件について

インドネシア首都ジャカルタでイスラム国シンパ自爆テロな件について(2016/1/14)

 グローバルに、連続して、絶え間なく。働き者だね。ISのテロリストは。次はどこかな。テロがあって当たり前の中東・北アフリカ・欧州諸国を除くと、本命がパキスタン。対抗が米国、大穴が中国や日本といったところかな。時期はざっと1週間以内。タイミングと「効果」を考えると、そんな感じだろう。多分ね。

 時期と効果は予想通りだったけど、ISが和平4カ国会談後のタリバンへの「煽りテロ」を仕掛ける前に、タリバン自身が暴発したか。

f:id:kagura-may:20141005221049j:image:w300

「ISは面白くないだろうね」

 週末あたりに、アフガンで「嫌がらせテロ」が起こるかな。あるいは、今度こそイスラマバードで「本番」が。

大学襲撃、学生ら21人死亡=タリバンが犯行声明―パキスタン

 国際NGO「オックスファム」は18日、2015年に世界で最も裕福な62人の資産の合計が、世界の人口のうち、経済的に恵まれない下から半分(約36億人)の資産の合計とほぼ同じだったとする報告書を発表した。経済格差が拡大しているとして、世界各国の指導者に是正への取り組みを呼びかけた。

 スイスの金融機関の調査データなどをもとに推計した。報告書によると、上位62人の資産の合計は1兆7600億ドル(約206兆円)で、この5年間で44%増えた。一方、経済的に恵まれない下から半分の資産は41%減ったと指摘。この結果、下位半分の資産額は10年には上位388人分に相当したが、14年は上位80人分、15年は62人分と、格差は拡大しているという。

 背景には、賃金など労働への対価支払いより、株式配当など資本の投資への還元が手厚くされていることなどがあると指摘。20日にスイスで始まる世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)を前に、政府や経済界のトップらに最低賃金の引き上げや、男女の賃金格差の是正、税制の見直しなどの取り組みを求めた。(ロンドン=寺西和男)

(1月20日 時事通信)

 ここで「藍のきつね」を紹介。


D

イスラム過激派共は、本作のゆかりんの優しさを見習うように。

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。