【やるときはやるガンバ】サッカー第95回天皇杯は、ガンバ大阪が浦和レッズを破って2連覇【ここ一番の弱さのレッズ】

 CS準決勝に続いての「ガンバ○-レッズ×」か。試合内容といい今シーズンらしい結果。しかし、

f:id:kagura-may:20150628130944j:image

「レッズはホント勝負弱いなあ」

 あんだけボールを支配して、決定機でキムジョンヤに空振ってもらっても、負けちゃうんだもん。これはこれで実にレッズらしかったと言うべきか。むー。

G大阪、パトリックの2発で連覇達成!浦和との元日決戦を制す/天皇杯

 天皇杯全日本選手権決勝(1日、浦和1-2G大阪、味スタ)2大会ぶりに元日に行われた決勝は、前回大会優勝のG大阪がFWパトリック(28)の2得点で浦和に競り勝ち、2連覇を果たした。

 お互いに攻撃的な姿勢が持ち味の両チームの対戦は、序盤からオープンに打ち合う展開となった。拮抗した試合が続いたが、G大阪が一瞬のチャンスをものにした。32分、右サイドでDF井手口がボールを奪うと、浅い浦和のDFラインの裏をついたパトリックに浮き球のパス。そのままゴール前までドリブルすると、DFのタックルをかわし、GKとの1対1を制し先制。まずはG大阪が試合を動かした。

 しかしその4分後、浦和の反撃。分厚い右サイドの攻めからMF梅崎が速い弾道のクロス。これにゴール前でFW李が頭で合わせたが、左ポストを直撃。さらにそのこぼれ球につめたMF興梠が押し込んで同点に追いついた。前半はそのまま1-1で終了した。

 後半に入っても両チームとも前出る姿勢を強めた。9分、G大阪は左CKを得ると、遠藤の蹴ったボールにDFのマークを外したパトリックが反応。ゴール前から離れるように右足でシュートを放ち、ネットを揺らした。この後、同点を狙い12分にMF関根、FWズラタンを投入した浦和に対し、G大阪は守備を固め対抗。最後までリードを守って逃げ切った。

(1月1日 サンケイスポーツ)

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。