小西洋之@民主党が「狂信的な官僚集団」相手に暴走自爆な件について

f:id:kagura-may:20121029212209j:image:w300

 民主党や社民党の「レッテル貼り」は数多く見てきたが、今回はその中でもトップクラスに笑える。流石は良識より知識を、自制心より自尊心を優先する憲法バカの小西洋之先生。謹んで、「狂信的な護憲主義者」のレッテルを進呈しようじゃないか。

 それがお気に召さないなら、「自分の妄想と仮説垂れ流す自分最高なクイズ王」でも、「自分に都合の悪いツイッターを消して突っ込まれたら逆ギレした低沸点男」でもいいけどね。せいぜい、来年の改選まで気張って独り踊っていればいいさ。国会も一般社会も、これ以上この御仁ために無駄なリソースを割く必要は無い。捨て置け。

「憲法を何も分からない首相とそれを支える外務官僚を中心とした狂信的な官僚集団…」民主・小西氏が発言し謝罪 参院予算委

 20日の参院予算委員会で、質問に立った民主党の小西洋之氏が「狂信的な官僚集団」などと発言し、謝罪に追い込まれる場面があった。

 小西氏は集団的自衛権の行使を容認する昨年7月の憲法解釈変更の閣議決定について「安倍晋三首相が行ったことは法令解釈ではない。日本の法秩序を根底から覆すクーデターだ」と強調。追及の中で「憲法を何も分からない首相とそれを支える外務官僚を中心とした狂信的な官僚集団…」とも言い放った。

 直後に岸宏一委員長から「発言中に不適切な言質があるとの指摘があった。十分気をつけて発言をお願いしたい」と注意され、小西氏は「日本の法の支配を思うあまり不適切な発言があったらおわびしたい」と述べた。.

 質問中の小西氏からたびたび指された首相は、「レッテルを貼ったり、誹謗(ひぼう)中傷をする場所ではない。相手を指したりするのはお互いやめた方がいい」と諭した。

 憲法に詳しいとされる小西氏は、これまでも国会でたびたび首相の憲法観を追及し、首相は「クイズのような質問は生産的ではない」などと指摘してきた。

(3月20日 産経新聞)

 ここで「バルクホルン「宮藤のパンツの出汁は後味が違うんだよ」」を紹介。


D

タイトルで相当損してる。だが、それがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です