在京民放キー局5社の今期中間決算。増収増益はテレビ東京だけ

 低予算旅番組が却って人気になっている点もそうだが、「瓢箪から駒」なのか「石の上にも三年」なのか。にわかに判断しづらい、テレ東の「怪挙」。でもこれだけは言える。コンテンツとして「見たい番組」が揃ってるのは、間違いなくテレ東。アニメも、ニュースも、趣味物も。

 つーわけで、叶うことなら、「更に見たい番組」ということでアレの復活を望む。「女囚コマンドー」etc…エロB級映画を堂々と地上波で放映していた木曜洋画劇場。家族みんなでアレを観続けていたおいらのハートには羞恥心が残りませんでしたが、何か?。おっぱい!おっぱい!

f:id:kagura-may:20141107011102j:image:w300

OPPAI!OPPAI!

f:id:kagura-may:20141107214036j:image:w300

OPPAI!OPPAI!

f:id:kagura-may:20141107214306j:image:w300

OPPAI!OPPAI!

 ふう。

テレ東、アニメ好調で増収増益…民放5社決算

 在京民放キー局5社の2014年9月中間連結決算が6日出そろった。

 6~7月のサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の中継で番組制作費がかさみ、本業のもうけを示す営業利益で3社が減益となった。

 日本テレビホールディングスは、動画配信の「Hulu(フールー)」日本法人を子会社化したことなどで売上高を伸ばした。フジ・メディア・ホールディングスとTBSホールディングスは広告収入が減り売上高が減少した。

 テレビ東京ホールディングスは、視聴率が上向きなため広告収入が伸びたほか、アニメ関連の商品販売が好調で、5社の中で唯一、増収増益だった。

(11月6日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。