御嶽山噴火・続報 ~ 山頂付近で31名が心肺停止。負傷者・行方不明者多数

岐阜・長野県境の御嶽山が噴火。火砕流発生か(2014/9/27)

 昨日の第一報映像で噴煙の崩れ具合を見て、これに巻き込まれたら大変なことになると思ってはいたが、事態は予想以上に酷いものとなった。

 週末と昼間、どちらかだけでも噴火タイミングとずれていれば…と、思わずにはいられない。犠牲者は運が悪かった。それに尽きる。

御嶽山噴火 山頂付近で31人が心肺停止

 長野と岐阜の県境にある御嶽山の噴火で、警察や自衛隊などは、山頂付近で救助活動を進めた結果、これまでに心肺停止になっている31人の登山者らを確認したということです。

 警察や自衛隊は、硫黄の臭いが強いことなどから山頂付近での救助活動を中断し、下山を始めました。

 御嶽山の噴火で、警察や消防それに自衛隊は、28日朝から合わせて550人の態勢で救助活動を再開し、午前11時半ごろ山頂付近に到着しました。

 警察によりますと、救助に入った警察官などが山頂付近で心肺停止になっている31人の登山者らを確認したということです。

(以下略)

(9月28日 NHK)

御嶽山噴火から1日 31人の心肺停止確認、43人行方不明

 長野県と岐阜県にまたがる御嶽山が噴火してから、1日がたった。28日朝からの捜索で、長野県警は、山頂付近などで、31人が心肺停止となっていることを確認した。また、40人が重軽傷を負い、43人が行方不明となっている。

(以下略)

(9月28日 FNN)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。