「暴走する創業オーナー」+「創業者を止められない二代目経営陣」=「ジリ貧路線まっしぐらな一私企業」 ~ 渡辺喜美前代表vs浅尾慶一郎代表@みんなの党の会談は決裂

 「だめだ、こりゃ」

 もっとも、おいら的には、

【吉田嘉明会長@DHCも】渡辺喜美が、みんなの党代表を辞任【道連れ宜しく】(2014/4/7)

 『みんなの党は遠からず解散を余儀なくされて、所属議員は他党へ吸収される。吸収先が結いか維新か自民か、吸収されるメンツが誰かには興味あるけどさ、それ以上のゴタゴタには興味ないし、求めもしないよ。おいらは。意味ないし、最悪の場合、後味が悪いし』

 とりあえず、この流れ↑が無事決まったので、おいら的には無問題。自民党は、みんな解党後の渡辺のボンと、そのシンパ議員の受け入れ態勢の整備を宜しく。

 この流れが臨時国会の開会前に固まったんで、むしろウェルカム。

f:id:kagura-may:20140907141758j:image

 とても大歓迎。

みんなの党:浅尾代表と渡辺前代表が会談するも決裂

 みんなの党の浅尾慶一郎代表は16日、与党との連携を重視する渡辺喜美前代表と東京都内で会談し、「明確に路線が違う。党を出て行くのであれば仕方がない」と離党を促した。これに対し、渡辺氏は「私が創業者だ」と拒否。逆に浅尾氏に代表辞任を求めた。

 浅尾氏は会談後、渡辺氏に対する離党勧告などの処分を17日の党役員会で検討する考えを記者団に表明。両氏の溝は一層広がっている。【笈田直樹】

(9月16日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。