欧州選手権覇者がゴール前でシャツを脱いで金メダル剥奪な件について

 「ゴール前でパンツを脱いで転んだ拍子に金玉脱落」よりはマシな展開だったと思いねえ。


D

 メキシベナバは、これまでもあちこちの大会でトラブルを起こしていた問題児だからなー。彼は一度、痛い目にあうべきで、今日がその日だったと言うわけだ。今回のことで反省して、次がんばればいいさ。

仏人選手、ゴール直前でランニングシャツ脱ぎ金メダル剥奪 欧州陸上選手権

【8月15日 AFP】14日に行われた欧州陸上選手権(European Athletics Championships 2014)の男子3000メートル障害決勝で、フランスのマイディーヌ・メキシベナバ(Mahiedine Mekhissi-Benabbad)がゴールを前にランニングシャツを脱いだため、金メダルを剥奪された。

 3連覇をほぼ確実にする中、最後のホームストレートに入ったメキシベナバはランニングシャツを脱ぐとそれを口にくわえ、上半身裸で観客に称賛を求めながら8分25秒30の記録でフィニッシュし、完勝を飾った。

 しかしながら29歳のメキシベナバは、国際陸上競技連盟(International Association of Athletics Federations、IAAF)の競技規則第143条8項の「ナンバーカード(ゼッケン)はいかなる方法でも見えなくしてはならい」という規定に違反した。

 世界選手権で2度銅メダルを獲得しているメキシベナバは当初警告の受けたのみだったが、スペイン代表団が異議を申し立てるとこれが支持され、フランス代表団からの抗議は却下された。

 これによりメキシベナバのメダルが剥奪され、2位以下の選手の順位がそれぞれ一つずつ上がった。

 メキシベナバは、「喜んでいてランニングシャツを脱いでしまった。勝利に歓喜していた。連覇に満足していたんだ。それで警告を受けるなんて思ってもいなかった」とコメントした。(c)AFP

(8月15日 AFP時事)

 ここで「【MMD】翔鶴さんが酔って暴れてます【艦これ】」を紹介。


D

ビバ終戦記念日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です