【身内といえば身内】ベネッセの個人情報漏洩事件の「捜査」はほぼ終了【部外者といえば部外者】

 大山鳴動してSE鼠一匹。つまらんオチだったな。

f:id:kagura-may:20140224163506j:image

 あとは、流出した760万~2070万件の「被害者」への「誠意」の負担額がいくらになるのかと、負担責任者が誰になるのか、か。三菱UFJ証券(当時)の事件に倣えば、1件あたり1万円の誠意。素直に払えば、数百億円単位の損害だな。

 原田社長@ベネッセは払う気ナッシングなようだけど、それはそれで良い。今回の騒動、この程度で終わってもらっては、そのなんだ、困る。

ベネッセ流出:名簿売却持ち掛け…再委託先SE

 通信教育大手ベネッセホールディングス(岡山市)の顧客情報漏えい問題で、顧客データベース(DB)の保守管理にあたっていた外部業者のシステムエンジニア(SE)の男が警視庁の任意の事情聴取に対し、「金が欲しくて、自分から名簿業者に持ち掛けてデータを売った」と供述していることが関係者への取材でわかった。また、ベネッセ側から男に貸与され、顧客情報のダウンロードに使われたとみられるパソコンの電子データについて、任意提出を受けたことも判明。警視庁は不正競争防止法違反容疑での逮捕に向け、詰めの捜査を進めている。【林奈緒美】

 ◇「金欲しかった」

 関係者によると、ベネッセはDBの保守管理をグループ企業の「シンフォーム」(岡山市)に委託し、同社はさらに複数の外部業者に再委託していた。男はこのうちの一社で派遣社員として働き、DBを操作する端末が置かれているシンフォーム東京支社(東京都多摩市)の一室に出入りしていた。

 男は警視庁の任意聴取に対し、顧客情報の持ち出しと、名簿業者への売却を認めたうえで、「名簿は金になると思い、自分から名簿業者に買い取りを持ち掛けた」などと動機を説明、売却先として名簿業者1社の名前を挙げたという。しかし、既に判明している「パンワールド」(東京都武蔵野市)、「文献社」(福生市)以外にも2〜3社への流出が確認され、さらに広く出回っている可能性もあるとみて流出ルートの解明を進める。男には業務上、DBにアクセスするIDが与えられていた。

(7月15日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。