騙されて17歳JKを泡姫にした店長こそ被害者な件について

 真相は、「うすうす気づいてはいたけど、騙された方が得だと判断したから、嘘の年齢申告を見逃した…かもしれない by 店長」ってところだろうけどさ、そうでなかったとしても、向こうが正式な書類としてパスポートを見せてきたら、一応「信じましょう」というスタンスを取るしかないよな。お店側としては。

f:id:kagura-may:20120329152721j:image

 この嘘つきJKは、件のソープでのお勤め以外にも、SMクラブで女王様か奴隷をやっていたところを現行犯お縄されたという、筋金入りのビッチだそうな。「一時の気の迷いやライブ代欲しさで、お店の人に嘘ついてソープランドで体売ってました。今は反省しています」って弁解が通る余地は、皆無に近い。

 今回のケース、同情するとしたらどちら側?と問われたら、迷うことなく中村勝明容疑者。おいらは、自分の都合のために嘘をついて、その嘘に他人を巻き込んで損害を負わせるような輩が一番好かぬ。今回の嘘つきJKビッチに比べれば、自分の年齢を公表した上でロリコンオヤジに体を売る円光JCやJSの方が、数%マシ。数%だけどマシ。少なくとも、相手が自滅する手伝いはしても、相手を陥れる嘘はついていない。

f:id:kagura-may:20140415022859j:image

ソープランドで女子高生雇う=児童福祉法違反容疑で店長逮捕-警視庁

 私立高校3年の女子生徒を雇い男性客にわいせつな行為をさせたとして、警視庁少年育成課などは11日までに、児童福祉法違反容疑でソープランド店長、中村勝明容疑者(39)=千葉県山武市蓮沼ハ=を逮捕した。同課によると、「必要な年齢確認を怠った。弁解の余地はない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は2013年10月10日、千葉市中央区栄町のソープランドで、十分な年齢確認をせずに雇った女子生徒=当時(17)=に、40代の男性客へのわいせつな行為をさせた疑い。

 同課によると、女子生徒は同年8月上旬にJR千葉駅前で勧誘された。入店時には18歳の友人のパスポートを提示し、店のホームページにも「18歳」と表示されていたという。

(7月11日 時事通信)

 ここで「[海外で話題]ドスンガシャーン!「いててて・・・?・・!!」」を紹介。


D

キマシタワー3D。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です