「聖地」国立競技場、56年の歴史に幕 ~ 最後の音楽イベントは、ラルクらによる「SAYONARA 国立競技場FINAL WEEK JAPAN NIGHT」

 そして今日、最後のイベントで流れたのは、海上自衛隊東京音楽隊・三宅由佳莉の「国歌」、谷村新司の「昴」、森山良子の「今日の日はさようなら」、来場者全員による「蛍の光」。

 本当に良かった。AKB48や嵐ファンの歪な独占欲や名誉欲に毒されたまま、国立が終わることにならなくて。

f:id:kagura-may:20140531223106j:image

 さようなら国立。6年後にまた会おう。

国立競技場、56年の歴史に幕 「ありがとう国立!」の大歓声

 2020年東京五輪へ向けて改築工事に入る東京・国立競技場で5月31日、最後のイベント『SAYONARA国立競技場FINAL“FOR THE FUTURE”』が開催され、56年にわたる歴史に有終の美を飾った。観客からは「ありがとう国立!」の大歓声が沸き起こった。

 スポーツの聖地として数々の名場面の舞台となってきた国立。その最後の姿を見届けようと、会場には大勢の観客が集結。午前中に開催された「ファイナルランイベント」には、約2000人の市民ランナーが参加。ピッチでは、サッカーとラグビーの『レジェンドマッチ』が行われ、サッカー元日本代表FWの中山雅史は、華を添えるゴールを決めた。

 ファイナルセレモニーでは、海上自衛隊東京音楽隊3等海曹・三宅由佳莉氏が国家独唱。ピアニスト・辻井伸行も演奏を披露し会場を魅了した。司会はフリーアナウンサーの徳光和夫が務めた。

 聖火リレーも行われ、元サッカー日本代表の北澤豪、競泳の鈴木大地選手らが繋ぎ、五輪3連覇のレスリング女子・吉田沙保里選手が最終走者として聖火台に点火。午後9時過ぎの閉会まで国立の夜空を明るく灯した。

 国内最大級のライブステージとして、数々のアーティストたちの聖地でもあった国立。歌手の谷村新司が代表曲「昴」を、森山良子が「今日の日はさようなら」を熱唱し、最後の歌声を届けた。

 そのほか、航空自衛隊所属のアクロバットチーム「ブルーインパルス」がフライト披露や、約700発の打ち上げ花火など、さまざまな演出で国立最後の日に華を添えた。

(5月31日 オリコン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。