【認めたくないものだな】「コードネーム・ガンダム」西川洋二、窃盗で逮捕【四十路無職ヲタ故の過ちというものを】

門真市上島町の民家1階の窓をハンマーで割って侵入し現金約8万円を盗むなど、31件の犯行を繰り返したとしている。

f:id:kagura-may:20140530230516j:image

窓 ←          → 西川容疑者

 「こいつ…割れないぞ?」。それはそれとして、西川容疑者ってのは、筋金入りの「ダメなガノタ」だな。今回のお縄で、地球の重力に縛られた魂を入れ替えて更生するかっていうと、どうだろね?。この先も、おおかた、こんな感じになるんじゃね?

 「まだだ、たかが前科一犯になっただけだ!」

 「次、捕まらなければどうという事はない!」

 「見えるぞ!私にも張り込みが見える!」

 「大丈夫、私なら出来るわ」

 「こういう時、慌てたほうが負けなのよね」

 「ゲーセンよ!私は帰ってきた!」

 「この西川の上前をハネるつもりかい!」

 「まだだ、まだ終わらんよ!」

 「嘘だと言ってよ、バーニィ!」

 「ああ、アムロ…。懲役が見える…」

 そして最後は、「過ちを気に病む事はない。ただ認めて、次の糧にすればいい。それがヲタの特権だ」と。

 もし、そうなったら、こう言ってあげよう。「おかしいですよ、西川さん!」

あだ名は「ガンダム」 ゲームのため31件窃盗繰り返す、無職47歳男を送検

 マンションや民家の窓ガラスを割って侵入し盗みを繰り返したとして、府警捜査3課は29日、窃盗容疑などで守口市藤田町、無職、西川洋二容疑者(47)を送検したと発表した。すでに窃盗罪で起訴、公判が始まっており、府警は、31件、被害総額約260万円の窃盗を裏付けて送検し、捜査を終えた。

 府警によると、西川被告はアニメ「機動戦士ガンダム」のファンで、ゲームセンターで、ガンダムのゲームをする姿がたびたび確認されており、捜査員に「ガンダム」とあだ名されていた。「自分はガンダム世代。盗んだ金はゲーム代に使った」と容疑を認めているという。

 送検容疑は1月31日午後6時20分ごろ、門真市上島町の民家1階の窓をハンマーで割って侵入し現金約8万円を盗むなど、31件の犯行を繰り返したとしている。

(5月30日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。