右派セクター@ウクライナの新党設立は誰のためなのか?な件について

 アルセニー・ヤツェニュクの暫定政権は欧米の傀儡。ヴィクトル・ヤヌコーヴィチはロシアの操り人形。

 では、ヤツェニュク率いる「全ウクライナ連合」や、「ウダル」のヴィタリー・クリチコの言うことを聞かずに、先月、ヤヌコーヴィチを追い落として暫定政権を作らせたはいいものの、結果としてロシアのクリミア半島併合を促した「跳ねっ返り」は、「どちら側」なんだぜ?。そして、今またウクライナの足元をぐらつかせ、ロシアに新たなつけ込む隙をチラつかせている極右集団「右派セクター」は、誰の味方なんだぜ?。つか、

キエフは燃えているか ~ しかし、ウクライナを待つのは「解放」にあらず(2014/2/22)

 「こいつらは、誰の利益を目的として動いている連中なんだぜ?」

f:id:kagura-may:20140305004319j:image

ウクライナで極右の新党設立へ

 ウクライナで暫定政権が発足するきっかけとなったデモ隊と警官隊との衝突で、デモ隊を主導した極右グループが、ほかの民族主義団体と共に新たな政党を設立すると発表し、ロシアとウクライナの暫定政権との関係がさらに悪化するおそれが出ています。

 ウクライナの暫定政権に近い極右グループの「右派セクター」の幹部は22日、首都キエフで会見し、「暫定政権は十分に機能していない」などと述べて、複数の民族主義団体を統合して新たな政党を設立することを明らかにしました。

 そのうえで、ことし5月に予定されている大統領選挙に政党代表のヤロシ氏を擁立する考えを示しました。

 右派セクターは先月、前の政権が崩壊し、暫定政権が発足するきっかけとなった、デモ隊と警官隊との衝突で、デモ隊を主導した過激なグループとして知られています。

 ロシアのプーチン政権は、暫定政権がこうした過激な民族主義グループの影響下にあると非難するとともに、民族主義の高まりからロシア系住民の安全が脅かされているとして、クリミアへの介入を強めていった経緯があります。

 このため、新たな極右勢力の結集によって、ロシアとウクライナの暫定政権との関係がさらに悪化するおそれが出ています。

(3月23日 NHK)

 ここで「【初音ミク】ストリーミングハート【オリジナル曲】」を紹介。


D

つらいなあ。色々と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。