大阪出直し市長選の投票率はどこまで下がる?な件について

 2011年の時は、80%が「必ず行く」と答えて、実際は60%ちょい。その前例に倣えば、今回の投票率は30-40%か?

f:id:kagura-may:20140316121857j:image

「…あかん。起きたまま夢みるのは、あかんて…」

 前回の橋下vs平松戦の「観客」数が異常値なだっただけで、市長→助役バトンタッチ時代は30%が当たり前だったからなあ、大阪市長選の投票率。まして今回の出直し選は、選挙としては最悪の極致。95年の28%を軽く割るんじゃね?

大阪市長選「必ず行く」41%…関心高まらず

 地域政党・大阪維新の会代表で前大阪市長の橋下徹氏ら4人が立候補している大阪市長選(23日投開票)について、読売新聞社は市内の有権者を対象に世論調査を実施し、情勢を分析した。

 投票に「必ず行く」と答えた人は41%で、2011年の前回市長選告示後の調査(80%)から半減した。市議会野党が候補を立てない中、有権者が選挙の意義を見いだせず、関心が高まらない現状が浮かび上がった。

 投票に「なるべく行くつもり」との回答は31%で、「必ず行く」との合計72%は、前回市長選よりも25ポイント低かった。

 読売新聞社が取材も加味して市長選情勢を分析すると、橋下氏が優位に立ち、他の3候補を引き離している。ただ有権者の約4割は態度を明らかにしていない。

(3月16日 時事通信)

 ここで「【男女】モバマスで女女」を紹介。


D

懐かしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。