佐村河内守が謝罪会見で新垣隆を訴える意向表明な件について

 さあ、泥仕合になって参りました。地獄に墜ちかけている亡者が、道連れを探し始めました。

 ていうか、「あんた誰?」>ヒゲと長髪とグラサン脱着ver.の佐村河内。

 それはさておき。

 新垣さんは絶対に訴える。けど、他の人はそうすべきかを考えている

 とかもう、

f:id:kagura-may:20131022191543j:image

「ゴースト新垣以外の関係者の口封じに、恫喝訴訟をちらつかせるとか、このオッさんどんだけ屑やねん」

「すこぶる、ゲス臭いね」

 「謝罪会見」に出てきた佐村河内本人の「悪相」効果もあって、せっかく収まりかけていた本件が、再び腐臭を撒き散らし始めましたよと。素晴らしい。人間って、「ここまで往生際悪く振る舞いながら、奈落に堕ち続ける」という器用なことができる生き物なんだ。

佐村河内氏、新垣氏らを「名誉毀損で訴えます」

 ゴーストライター騒動の渦中にある佐村河内守氏が7日、都内ホテルで謝罪会見を行った。先月、会見内でゴーストライターを務めていたことを公表した新垣隆氏に対し、佐村河内氏は、一部証言を真っ向から否定し、食い違う部分に関して「新垣氏らを名誉毀損で訴えます」と語った。

 新垣氏が、何度も「やめよう」と提案していたと証言したことについて、佐村河内氏は「それは嘘です」ときっぱり否定。「私に対する批判的な記事を書かれた時に、その時は、私の家に来てばれることを恐れたのか『こんなことはやめよう』と言ってきました。18年間の中でただの1度言った。それはつい最近のこと」と力強く主張した。

 さらに、楽曲制作において「新垣氏と新宿の喫茶店で待ち合わせて、曲の内容と構成とギャラを提示する。すると彼は、最初は首を横に振ります。そして私が値段を釣り上げると、渋い顔をして、もう少し値段を釣り上げると、彼は笑顔で『いいですよ』と。18年間ずっとそうでした」とこれまでのやりとりを詳細に説明した。

 訴訟を起こす意向を示した佐村河内氏は「弁護士の方は内定しています。来週にもお会いします」と報告。加えて「新垣さんは絶対に訴える。けど、他の人はそうすべきかを考えている」とした。

(3月7日 オリコン)

 ここで「【進撃の聾人】 聞けんの耳や 【オープニングテーマ】」を紹介。


D

今日はこれだな。しかし、なんであそこまで醜悪な会見をしようなんて気になるのか、僕には訳が分からないよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。