所詮、貴社は経産省の実験部隊にすぎなかったんだよな件について

コンテンツファンド&信託ビジネスを模索していたジャパン・デジタル・コンテンツ信託(JDCT)が、数々の失敗の末に、信託免許を取り消される見通し。

信託専業第1号の免許取り消しへ=「フラガール」支援のJDC-金融庁

映画「フラガール」の制作を支援したジャパン・デジタル・コンテンツ信託(JDC)が、金融庁から信託免許を取り消される見通しとなった。関係者が15日明らかにした。同社の純資産額が、信託業法で定める下限を割り込んだためとみられる。JDCは2005年に銀行以外の専業会社として戦後初めて信託業に参入したが、事業が軌道に乗らないまま4年で撤退を迫られることになった。

JDCは、一般投資家から集めた資金を映画やゲームの制作会社に供給するビジネスを構築。06年公開の「フラガール」は日本アカデミー賞最優秀作品賞を獲得するヒット作となったが、興行成績が伸びてもJDCの収入はあまり増えない契約だった。その後はヒット作に恵まれず、赤字が続いた。

また、社員による会社資産の不正引き出しや売上高の水増し、信託財産の不正流用が相次いで発覚、経営陣も頻繁に交代するなど、社内が混乱。信託業に不可欠な内部管理体制にも不安が生じていた。

(9/15 時事ドットコム)

同社の限界については2006年からたびたび触れていましたので、改めて申し上げませんが、敢えて一言だけ。

「土井のオジサンが抜けた後も、最後までお役人気分が抜けなかったのが、貴方達の敗因だね」

それならそれで、格付けなど「お役人仕事」だけに事業内容を絞っていれば、別の生き方もできたのに。もともと求められていた役割もその程度のモノだったんだから、身の程を知った振る舞いをしていればよかったのに。ちょっと高くついた「実験」だったかな?。

今日の一銘柄

  • アビックス(7836):商業用映像看板のLED映像表示器の開発・販売。ファンド下でストック型ビジネスに転換中。9/15日終値は前日比110円高の5,870円。10月第1週中の目標株価6,300円。向こう半年間の目標株価8,000円。

ここで脈絡アリアリで「【咲 Saki MAD】咲+Shangri La【OP風】」を紹介。

咲とのどっちが何気に黒いぜ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。