T☆E白書「マリン復活!?目覚めた嗜好(ちから)」な第12話について

 あながち、嘘タイトルではないかもしれない↑(えー)。ちなみに、バロキュアさんが道を踏み外した理由は「黒の章」を観てしまったから…なんて可能性は欠片もない、だけど、今回もBPOへの●●●●のツッコミの可能性は欠片くらいありそうな「ハートキャッチプリキュア!」。脚本:「第8話は王道と言えば王道でしたな」井上美緒女史、演出・絵コンテ:「第4話は正直見直した」川田武範御大、作画監督:「そういやどうして生田目康裕から改名したんだっけ?」奥山美佳御大という、良くも悪くもアンパイな第12話、「ドッキドキです!プロポーズ大作戦!!」。

 で、結論、「バカップル自重」。まずは感想。

<アバン>

f:id:kagura-may:20100426004153j:image

  • もはや家族ぐるみのお付き合いな花咲家&来海家。いいなぁ。特に両家ママンがいつもながらフェロモンバリバリで◎。
  • そんな両家合同BBQパーティの話が固まったところ、両家&両店にやってきた男女各1名。今回特にAパートは、この二人に振り回されることに。とりあえずアレだ。今回のゲストキャラ、利岡ユウトさん@CV高橋広樹氏、柴田リサさん@CV浅田葉子女史。前回のカンフー兄貴よりもかなりイタイぞ。あんたら。

<OP>

  • そういや、キュアブロッサムのマント姿っていつ披露されるんだろうね?

<Aパート>

f:id:kagura-may:20100426005452j:image

  • 一部視聴者層の忍耐力を試したAパート。神楽は耐えきったけど、さて皆さんは?。
  • 更に言えば、全体的にちょっとメリハリに欠けると言うか、良い風に言えば堅実な展開だった同パート。内容を敢えて語るとすれば、次の4行で足りますな。「バカップルのおのろけ、ごちそうさま過ぎる」「花咲家&来海家ご夫婦のおのろけも、ごちそうさま過ぎる」「来海えりか嬢@CV水沢史絵女史の『ひゃはっ♪』、ハートキャッチ過ぎる」「今日の出撃は、コブラージャさん@CV野島裕史氏以外考え付かなかったです」。
  • どうでもいいけど、美容的に潤っちゃいけないお肌ってあるの?

<アイキャッチ&CM>

  • こころのたねぇに慣れてきた自分が憎い。

<Bパート>

f:id:kagura-may:20100426010645j:image

  • 恋バナエピソードということで、「天然ビッチ」花咲つぼみ嬢@CV水樹奈々女史の独壇場になることは想定されていた今回ですが、その突っ走りっぷりは想定の斜め上。今日の今日まで、鼻息荒く吊り橋効果を語る(それも微妙に効果解釈を間違っている臭い(^^;)、ドヤ顔の朝アニメヒロインなんて観たことありません。とりあえず、「恋は思案の他」って分かる小さなお友達っているのかしらん?。あと、淫獣の販促ドレス、悔しいけど似合ってるなあ。
  • そんな周囲の思惑も知らずに煮え切らないバカップル。そんな二人を遠くから盗撮応援する主人公s。社会人のバカップルより、彼女らの方がどう見てもカップル的に完成度高いです。まあ、毎回砂漠の使徒とのバトルで、生死の境を共有するという吊り橋効果を続けていれば、自然そうなるか(少違)。
  • 今回の犠牲者はバカップルの二人で、ようやくデザトリアンペア×プリキュアペアのタッグ戦実現か!?…と期待していましたら、心の花を奪われたのはリサさんおひとり。あれ?女性には手を出さないんじゃなかったっけ?>コブラさん。

f:id:kagura-may:20100426011452j:image

  • 今回のデザトリアンは水ベース、別名・シーマン(嘘)。キュアマリンお得意のマリンインパクトの衝撃を吸収し、マリンを体内に取り込んで窒息させるって、相変わらずコブラさんがお出ましさせるデザトリアンはスペック高いなあ。でも、水のデザトリアンって、砂漠の使徒のアイデンティティ的に矛盾してね?。
  • さて、ここでマリンが次元刀能力に目覚めるとはもちろん思っちゃいませんでしたが、淫獣が竹槍特攻をかけるとは、さらに予想外。挙句にうら若い乙女にフェラもとい水遁の術って…知らないぞ。またBPOにカチ込まれても。だからやれ。もっとやれ。
  • さらに予想外だったのは、堪忍袋の緒を切るための説教タイムを、キュアブロッサムがユウトさんに持ってかれた点。今回の心の花は「チューリップ」。花言葉は「永遠の愛」。これの解説まで持っていかれりゃ、そりゃ思わず茫然もしようってもんさ(笑)。

f:id:kagura-may:20100426012230j:image

  • 見せ場の半分を持ってかれたショックのためか(違う…多分)、なんと相方もろともデザトリアンにプリキュア・ピンクフォルテウェイブをぶちかますブロッサム。バカップルのために犠牲になったキュアマリン、恍惚の表情を浮かべながら昇天するの図。これだけでどんぶり三杯。それはそれとして、彼女の浄化された魂が、次週までに程良く黒くなってくれることを節に願う次第。
  • バカップル、ようやく次の一歩なプロポーズ成立&お姫様だっこで大団円。えりか嬢の「愛だよ!愛!」で〆。そして、今回もキッチリUNKOタイム。東映アニメーションのその心意気や良し。良くないけど良し。
  • あれ?結局BBQパーティ本番のシーンは無し?。水遊びシーンも無し?。なんてこったい。

<ED>

  • 安心のTAP大活躍だな>原画陣。

<次回予告>

f:id:kagura-may:20100426012531j:image

  • 団地住まいで生活臭ダダ漏れのプリキュアって、なんかスゲエ(^^;。
  • 第10話から僅か3話でここまで話を進めるのか。これでもし、月影ゆり嬢@CV久川綾女史がキュアムーンライトじゃなかったら、悪い意味で神回決定な次回ハートキャッチプリキュア!第13話、サブタイトル「真実が明かされます!キュアムーンライトの正体!!」。
  • 早いなあ、もう1クールか。

 今回の第12話。前回と同じ「スタッフの息抜き回」でゲストキャラ二人の出来もアレ、Bパートの戦闘開始まで無駄なシーンが結構あって、尺の取り方的にそれはどうなん?などいくつか疑問な点もありましたが、全体としては面白かったです。やっぱり人間、愛だよ、愛。第10話に続いて物語の本筋ど真ん中の次回、第13話には期待大…ですが、神楽はGW旅行の真っ最中のため、視聴は5/6以降。なんてこったい。

 ここで「[MAD] Transformers Overrun! 」を紹介。


D

この組み合わせを考え付いただけでも凄い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です