M・ジャクソンさん、破産免れる=ビートルズ版権で債務再編

 【ロサンゼルス13日時事】米ポップス界のスター、マイケル・ジャクソンさんは13日、滞在先の中東バーレーンから、「ソニーの助力で債務再編に成功した」と喜びの声明を出した。

 ジャクソンさんは、少年への性的虐待をめぐる裁判の弁護士費用や大豪邸の維持で、2億7000万ドル(約320億円)に上る借金を抱え、破産の危機に直面していた。詳細は不明だが、金融機関と交渉の結果、「虎の子」のビートルズ版権を一部手放し、資金返済や債務借り換えに応じてもらうことで合意したようだ。

 ジャクソンさんとソニーは、251曲のビートルズ版権を50%ずつ所有。ジャクソンさんは推定5億ドルの価値がある持ち分の半分(版権全体の25%)をソニー側に売却する意向とみられる。 

(時事通信) – 4月14日

 マイコーもジリ貧ですなー。にしても、バーレーンの滞在費も馬鹿にならないのでは?よほどアメリカに帰るのが怖いのか、それとも中東のエキゾチックな美少年にはまっているのか。…両方かな(^^;。

エッセンシャル・マイケル・ジャクソン

エッセンシャル・マイケル・ジャクソン

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です